2020 園田 楠賞 予想 1400専用機・ヴァケーション◎ 複穴ハナブサ☆

2020 園田 楠賞 予想 1400専用機・ヴァケーション◎ 複穴ハナブサ☆

ティーズダンク・サロルンと豪華メンバー

楠賞(3歳・全国交流) 11月4日 園田 ダート1400米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

③サロルン(船橋)赤岡修56破竹の6連勝園田克服なら
⑥ヴァケーション(川崎)吉原寛56前走相当な距離ロスで圧勝

安定型

⑨ティーズダンク(浦和)岡部誠56小回り1400不安も地力で

展開次第で複勝圏

①ハナブサ廣瀬航56勝ちっぷり抜群相手強化も
④イチライジン吉村智561400でも内を捌けば
⑤ディアタイザン杉浦健56ダービー馬ベストは中距離
⑧ステラモナーク下原理54再度すんなり先手なら
⑫ニュータウンガール(笠松)川原正54一度この距離叩いて変わるか

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②ガミラスジャクソン鴨宮祥56よほどの乱戦にならぬと
⑦ブルベアガロン小谷周56好調も相手強すぎる
⑩インザフューチャー(愛知)戸部尚56楽な先行は困難で
⑪サラベティ松木大543連勝も下級条件で

見解

1着賞金2000万円。南関東と変わらない賞金設定の全国交流で、JBC翌日に豪華なメンバーが揃いました。実績では全日本2歳優駿勝ちの⑥ヴァケーションと、戸塚記念を制した⑨ティーズダンクが断然。さらに今回はそこに船橋で6戦6勝の③サロルンも登場。すべて馬なりで持ったままの逃げ切り、ここでの走りも注目です。

中心は⑥ヴァケーション。今年は南関クラシックで苦戦していましたが、距離が長く条件が不向き。ベストは1400~1600で、1600でG1を勝ったものの、個人的には1400専用機だと思っています。前走の名古屋で久々の勝利、1コーナーと4コーナーで外に膨れるロスがありながらの快勝で力の違いを見せました。依然小回りと右回りに不安がありますが、前走を経験して多少修正もしてくるはず。ストップ&ゴーの園田コース自体は、切れ味のあるこの馬には名古屋より合うかも。直線抜け出してほしいです。

ここは三連単1着固定のフォーメーションで行きたいですね。1着⑥ヴァケーションから、2着は③サロルン⑧ステラモナーク⑨ティーズダンク、3着はその他①ハナブサ④イチライジン⑤ディアタイザン③サロルンはスタート自体はそこそこの馬なので、この枠でうっかり遅れて⑤ディアタイザン⑧ステラモナークに入られると惨敗までありそう。園田初戦の馬によく発生する出遅れにも注意。⑨ティーズダンクもずぶい馬で、園田の1400が合うとはとても思えませんが、それでも全日本2歳優駿3着だけ走れれば直線だけでも間に合うはず。

穴は①ハナブサ。中央未勝利から移籍してすべて馬なりの楽勝。差しでも競馬ができますし、内枠名人の廣瀬が最内でうまく立ち回れば3着なら。

三連単フォーメーション ⑥→③⑧⑨→③⑧⑨①④

勝負度 ★★★☆☆