2020 川崎 サルビアカップ 予想 アクアリーブル信頼、相手も絞って☆

2020 川崎 サルビアカップ 予想 アクアリーブル信頼、相手も絞って☆

昨年と一変のハイレベルなメンバー

サルビアカップ(ロジータ記念TR) 10月15日 川崎 ダート2000米

勝ち負け

⑬アクアリーブル矢野貴56斤量不利も負けられぬ

嵌れば一発

⑤レイチェルウーズ本田重55折り合い次第で距離克服

安定型

④ミリミリ藤本現54切れないが叩いて前進

展開次第で複勝圏

①ホワイトベリー森泰斗54能力あるが距離と展開厳しい
⑦トップレベル和田譲54佐賀で戴冠移籍初戦カギ
⑩クロリ御神訓53距離歓迎だか相手強い
⑫ラストラフ張田昴53距離こなせる状態次第

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②アークウィズ川島正53ここまで相手揃うと
③エスカレーション西啓太53決して距離向くとは
⑥ヒキュウ笹川翼53行けたとしても相手強く
⑧ジェイケイエピファ山崎誠53血統的に距離は大丈夫だが
⑨クサヒバリ酒井忍54中央時代短距離中心
⑪ワタリビクトリー町田直53条件戦でも複穴級だけに
⑭コーラルツッキー伊藤裕55今のところ早熟の雰囲気

見解

川崎2000ということで、このあとのロジータ記念も含めて距離適性がポイント。昨年は決してレベルの高くないメンバーで波乱でしたが、今年は実力馬が参戦。ヒモ荒れがあるかどうかというところでしょうか。

間違いなく強いのはアスカリーブルの忘れ形見の⑬アクアリーブル。関東オークスで母子制覇はならなかったものの、レーヌブランシュに抵抗して2着。牝馬クラシック準3冠馬で圧倒的な実績。56キロでも次の本番に向けて負けられないレース。

相手候補は、実績No.2の⑤レイチェルウーズ。東京2歳優駿牝馬を圧勝しましたが、その後は若干つかみどころのない成績。ただ大きくは負けてませんし、前走の関東オークスも大外枠からそこそこの内容。折り合いを欠いた時にこの距離でどうなるかですね。あとは堅実な④ミリミリ。前走の川崎2000の条件戦では1番人気だったものの取りこぼして3着。とにかく最後末脚が切れない馬でジリジリですが、他の有力馬に対して一度使われているアドバンテージはあります。

他はだいぶ差がありそうな気がしますが、気になるのは移籍初戦の九州ダービー馬で大井に移籍してきた⑦トップレベル。これまで11戦走って着外なし。負け続けていたライバルのミスカゴシマに前走で圧勝、本格化ムードで距離も心配なし。ただ初の左回りで移籍初戦、大幅な馬体重の増減などないか心配。

距離のわりに先行勢もそこそこいますし、途中から⑬アクアリーブルが強い競馬に出るようならペースも上がってレースレベルは高くなるかも。そしてその他の伏兵陣が、④ミリミリ⑤レイチェルウーズに先着できるかどうかを考えると、伏兵の台頭はなかなか厳しい気もします。ここはかための馬券でコンパクトに狙うしかないですかね。

ここは⑬アクアリーブルを信頼して頭固定の三連単流し。相手も④ミリミリ⑤レイチェルウーズの裏表が軸、そして押さえで⑦トップレベルも少々買って見学してみます。⑦トップレベルのパドックを見たいですね。個人的には応援したいです。

三連単1着固定流し ⑬→④⑤⑦

勝負度 ★★☆☆☆