2020 名古屋 ベイスプリント 予想 むしろ距離合う金沢メジャーシップの激走期待◎

2020 名古屋 ベイスプリント 予想 むしろ距離合う金沢メジャーシップの激走期待◎

ハイペース必至、大波乱もありえる!?

ベイスプリント 10月1日 名古屋 ダート1400米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

①ミトノアミーゴ加藤聡57内枠好位追走なら
②フェリシアルチア(金沢)藤田弘55今回も同型との兼ね合い
④ウラガーノ筒井勇55前走上々能力高い
⑤メジャーシップ(金沢)栗原大57意外とこの距離合うかも
⑪メモリートニック友森翔57あっさりか惨敗か

安定型

⑧ミラクルシップ山田祥57レースしやすそうな枠

展開次第で複勝圏

③アンジュリアン(金沢)田知弘55展開の鍵を握る馬
⑥ユウチャージ大畑雅55逃げの競馬にならないと
⑨エールドール丸野勝55前走差しでもそこそこ

危険な人気馬

⑦アドマイヤムテキ岡部誠57距離ベストも状態不安

苦戦必至

⑩エバーゴールド村上弘57展開向いても間に合うかどうか

見解

今年から新設された北陸・東海交流重賞。1着賞金もなかなか高い500万円ですが、メンバーは若干手薄。しかも金沢からの3頭のうち、②フェリシアルチア③アンジュリアンはかなりの快速馬。そこに⑥ユウチャージ⑪メモリートニックもいますから、展開もどうなるか微妙。正直、走ってみないとわからないような一戦です。

実績なら岡部の⑦アドマイヤムテキ。ただここ2戦の内容がまったく精細を欠く内容。距離云々でもないような負け方でした。今回ベストの距離でどこまで変わるかですが、人気が被るようなら控え目にしたいですね。

ということで本命は穴になりそうですが、金沢の⑤メジャーシップ。ここ2戦が今ひとつですが、その前はA2→A1と連勝。特に4走前のA2の勝ち方が良かったですね。あの勝ち方を見ると、これまで中距離馬のイメージが強いですが案外1400の方がいいのかも。過去の1400の成績も下級条件で昔の話ですが(2.1.0.0)。門別の3歳時代も1200ばかり使われていますし、前走を見ても少しかかり気味。ここ2戦の敗戦で人気を落としているなら、なかなか馬券的に妙味がありそうです。

相手はどの馬が飛び込んできてもおかしくないですね。ここはまず⑤メジャーシップの単複。なかなかいい配当になりそう。そして三連複フォーメーションで1頭目⑤メジャーシップ、2頭目④ウラガーノ⑧ミラクルシップ、3頭目全流しでチャレンジしてみます。④ウラガーノは東海移籍初戦でサラーブには完敗だったもののまずまずの内容。⑧ミラクルシップは逃げ馬が多く展開も向きそうですし、追走しやすい枠に入りました。前走は1、2着馬が強かった感じですし、あとはこの距離で置かれすぎなければ。

ともあれかなりややこしいメンバー。当たったらラッキーという気持ちで買いたい重賞ですね。

単勝・複勝 ⑤

三連複フォーメーション ⑤-④⑧-全流し

勝負度 ★★☆☆☆