2020 大井 東京記念 予想 3強優勢も一角崩しあり。ストライクイーグル・トーセンブルから☆

2020 大井 東京記念 予想 3強優勢も一角崩しあり。ストライクイーグル・トーセンブルから☆

東京記念 9月9日 大井 ダート2400米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

①ストライクイーグル御神本56相手弱化・距離・コース△
②ホーリーブレイズ矢野貴56移籍2戦目△
⑦サウンドトゥルー森泰斗56距離△
①ストライクイーグルは昨年の覇者。今年も重賞2勝。安定度抜群。②ホーリーブレイズは移籍初戦が衝撃的な圧勝。楽しみな一戦。⑦サウンドトゥルーは衰えを感じるものの、金盃の勝ちっぷりからこの距離で変わるかどうか。

安定型

⑬トーセンブル笹川翼56叩3戦△
⑬トーセンブルは中・長距離で安定。勝ちきるほどの脚はないですが、前が崩れれば台頭してきます。

展開次第で複勝圏

③サブノクロヒョウ西啓太56
⑤ニーマルサンデー今野忠56相手強化▼
⑧サーヒューストン藤本現実56叩2戦△ 相手強化▼
⑩ワンフォーオール本橋孝56距離△ 相手強化▼
⑪ジョースターライト吉留孝56相手強化▼
⑮チェスナットコート内田利56相手強化▼
どの馬も悪くはないですが、上位陣が崩れないとなかなか厳しいところ。

危険な人気馬

⑨リンゾウチャネル繁田健56相手強化▼ 距離?
前走で待望の南関東初勝利。ただ川崎マイラーズ中止からの路線変更で、距離も大きく変わってしまった点が不安。

苦戦必至

④カンムル櫻井光56叩3戦△ 相手強化▼
⑥ハセノパイロ藤田凌56休明け▼
⑪バンズーム岡村健56相手強化▼ 強化?
⑭キャッスルクラウン楢崎功56距離△ 相手強化▼
オープン特別であれば穴っぽい馬たちですが、S1戦となると厳しいでしょう。

見解

賞金3200万円のビッグレース。長い距離を得意としている馬にとっては、ここが南関東最大のレースと言えるでしょう。今年の注目馬は、前哨戦のトライアルで2着に大差勝ちした②ホーリーブレイズ

2着に2.6秒差をつけた内容もインパクトがありましたが、時計の2分33秒9も出色。ここ3年の東京記念の勝ちタイムがいずれも36秒台なだけに大変な好時計だったわけですが、今回同じような競馬ができるかどうか。中央時代はできなかった尾っぽを持ってのスタートが奏功したという話もありますが、それでも内枠だけに、出負けして包まれたりすると中途半端な結果に終わる可能性もあります。

ライバルはやはり①ストライクイーグル⑦サウンドトゥルー。ただ⑦サウンドトゥルーに関してはもう10歳の秋。春の後半の走りも若干衰えを感じました。金盃の圧勝からこの距離での一変もあるかもしれませんが、休み明けでもありますし、ポカも考えておきたいです。

この3頭の中で何か崩れたら、台頭してきそうなのは⑬トーセンブル。勝ち負けは厳しいですが、混戦で3着あたりに飛び込んでくるイメージは強い馬。長距離も得意。叩き3戦目で走り頃ですね。

非常に買い方が難しく、手を広げると豪快にガミる可能性がありますね。馬券に悩みましたが、ここは決めうちで①ストライクイーグル⑬トーセンブルのワイド1点を買って見学したいと思います。一番欠点が少ないのは①ストライクイーグルであることは間違いないでしょう。帝王賞は力負けというか、瞬発力負けという感じ。昨年の覇者ですし信頼できます。あとは②ホーリーブレイズ⑦サウンドトゥルーのどちらかが崩れてくれれば。⑨リンゾウチャネルは穴人気になるかもしれませんが、やはりマイル前後くらいがいい馬かなと思います。

ワイド ①-⑬

勝負度 ★★☆☆☆