2020 大井 黒潮盃 予想 前残り願ってサンエイウイング◎

2020 大井 黒潮盃 予想 前残り願ってサンエイウイング◎

水曜の大井は夏の3歳重賞として定着してきた黒潮盃。今年はクラシックをにぎわせた馬がかなり出走してきましたし、門別からもH1勝ちの2頭が参戦。中身の濃いレースになりそう。メンバーをチェックしてみます。

黒潮盃 8月19日 大井 ダート1800米

勝ち負け

なし
夏の重賞。秋にはS1の戸塚記念がありますし、このレースにどれだけ勝負をかけているかは判断が難しいですね。

嵌れば一発

1アベニンドリーム15ブラヴール
16コパノリッチマン
北海道の①アベニンドリームは結局北海優駿勝ちにとどまりましたが、前走は出遅れで2着。北海道2歳優駿2着の実績は上位。同じく北海道の⑯コパノリッチマンは前走お王冠賞でアベニンドリームを撃破。相手は強化されますが、森泰斗騎乗で不気味です。⑮ブラヴールはJDDでさすがの4着。終い一手ですし、今回は58キロと距離短縮で間に合うかどうか。

安定型

7コバルトウィング
休み明けですが、それなりの状態であれば堅実に走ってくるはず。パンチ力不足ではありますが、56キロは他の実績馬に比べ有利。

展開次第で複勝圏

2モリノブレイク3ピュアオーシャン
4ワイルドホース5ブリッグオドーン
6カズベナートル9アマルインジャズ
11インペリシャブル12ファルコンウィング
13サンエイウイング14ストーミーデイ
重賞で馬券に絡めるくらいの力を持った馬は多いですが、ポイントは逃げ・先行力タイプが多いこと。②モリノブレイク⑪インペリシャブル⑫ファルコンウィング⑬サンエイウイングと揃っているだけに、展開が大きなファクターになりそう。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

8チョウライリン10エアーポケット
⑧チョウライリンも成長力で劣りますし、佐賀の⑩エアーポケットもここでは力不足でしょう。

見解

戸塚記念の前のレースですし、各陣営がこのレースにどこまで勝負をかけているか、見極めが難しいですね。さらに馬場・展開も影響しそう。馬場も突然ゲリラ豪雨などが来ると一変しそうですし、展開は逃げ馬が揃っているものの意外と牽制して落ち着く可能性もありますし、かなり予想は難しいですね。

ということで、ここは人気はないでしょうが、思い切って⑬サンエイウイングの先行力に期待。内に同型の⑫ファルコンウィングがいますが、その外に入れたのは幸い。この枠なら⑫ファルコンウィングを行かせて番手の競馬ができそう。⑫ファルコンウィングが外からハナを奪うなら、他の馬は無理せず引く可能性も高くなるはず。ペースが意外と落ち着いて、この馬に展開が嵌まるかも。前走敗れましたが、勝ったウインハピネスは絶好調。3着以下には4馬身差をつけていましたし内容は濃いです。前残りを期待して◎を打ちます。

⑬サンエイウイングの単勝。そしてワイド①アベニンドリーム③ピュアオーシャン④ワイルドホース⑤ブリッグオドーン⑥カズベナートル⑦コバルトウィング⑨アマルインジャズ⑫ファルコンウィング⑮ブラヴールと手広く流し。当日前残り馬場なら、前々で運べる馬か内を走れる馬がいいですね。一波乱期待。

単勝 ⑬

ワイド流し ⑬-①③④⑤⑥⑦⑨⑫⑮

勝負度 ★★★☆☆