2020 門別 ブリーダーズゴールドカップ 予想 プリンシアコメータ、今年の相手なら◎ 穴はナムラメルシー☆

2020 門別 ブリーダーズゴールドカップ 予想 プリンシアコメータ、今年の相手なら◎ 穴はナムラメルシー☆

ブリーダーズゴールドカップ 8月13日 門別 ダート2000米

13日は門別で牝馬のダートグレード・ブリーダーズゴールドカップが行われます。毎年中央馬の壁が厚いレースですが、今年もJRA勢はなかなか強力。地方勢では厳しそうですかね。ひとまずメンバーをチェックしてみましょう。

勝ち負け

なし
JRA勢優位ですが、抜けている馬はいないですね。

嵌れば一発

1プリンシアコメータ6マドラスチェック
9メモリーコウ
①プリンシアコメータはこのレース2年連続2着。若干のパワーダウンは感じますが、スンナリと運べれば。⑥マドラスチェックは1月のTCK女王盃勝ち以来のレース。調子と、横山武との新コンビが気になる材料。⑨メモリーコウは勝ち切れませんが堅実。2000の距離で折り合い次第ですね。

安定型

14レーヌブランシュ
初の古馬戦で能力比較が微妙ですが、馬のタイプとしてはジリジリ伸びる感じで、安定タイプの馬ではあります。55キロも楽ではありませんが、関東オークス勝ちの勢いで突破できるか。

展開次第で複勝圏

4ナムラメルシー7シネマソングス
大井④ナムラメルシーは今ひとつ安定しませんが、やはりエンプレス杯2着が光りますね。石川倭との新コンビで変わるか。⑦シネマソングスはここに来て2連勝。ただ相手強化、3キロ増、距離延長、初ナイターと課題はいろいろです。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

2アンバラージュ3ココロノママニ
5ヨミ8クオリティスタート
10パキラパワー11ペイシャガンセ
12ラタンドレス13マリーンワン
15グリズリダンス
JRA相手ではなかなか厳しいでしょうか。この中なら重賞連勝中の⑧クオリティスタートが上ですが、瞬発力勝負で見劣りそう。

見解

力のいる門別ダートをいかにこなすかが鍵。ここはコース適性を重視して、①プリンシアコメータから。このレースで2年連続2着。負けた相手も一昨年がラビットラン、昨年がアンデスクイーンとハイレベル。広い門別コースなら内枠でも揉まれることもなさそう。逃げか、外の⑬マリーンワンに行かせて、直線先頭に立つ競馬なら崩れないと見ました。今年の相手ならチャンス十分です。

相手はどの馬も一長一短。⑥マドラスチェックは休み明け。⑦シネマソングスは相手強化と初の地方ナイター。⑨メモリーコウは距離不安。それなら3歳の⑭レーヌブランシュでなんとかなりそう。直線の長い2000は、だらだらと伸びるこの馬には向くはず。切れ味を求められるレースだと厳しいですが、今の門別の馬場ならしぶとさが生きるはず。

ここは三連単フォーメーションで絞って買ってみます。1着①プリンシアコメータ2着⑭レーヌブランシュ3着④ナムラメルシー⑥マドラスチェック⑦シネマソングス⑨メモリーコウ。そして2着・3着を入れ替えた馬券が本線。押さえで、1着⑭レーヌブランシュ、2着①プリンシアコメータからの三連単流しも買います。

地方勢では、やはりエンプレス杯2着の④ナムラメルシーの一発があるかどうかですね。前走人気を裏切って大敗でしたが、とにかく自分のリズムで走らないとダメなタイプ。ここはおそらく人気薄、無理せず走るでしょうから、展開が嵌まるようなら一発も期待できそうです。

三連単フォーメーション ①→⑭⇄④⑥⑦⑨

三連単1着2着流し ⑭→①→④⑥⑦⑨

勝負度 ★★★☆☆