2020 盛岡 クラスターC 予想 盛岡高速ダートでマテラスカイが圧逃! 時計も注目☆

2020 盛岡 クラスターC 予想 盛岡高速ダートでマテラスカイが圧逃! 時計も注目☆

クラスターC 8月10日 盛岡 ダート1200米

勝ち負け

9マテラスカイ

嵌れば一発

1ヒロシゲゴールド12トップウイナー

安定型

なし

展開次第で複勝圏

2アユツリオヤジ5ショーム
7メイショウアイアン

危険な人気馬

3ブルドッグボス

苦戦必至

4サマニー6スティンライクビー
8ブラゾンドゥリス10ミスティカル
11ツルオカボルト13シャドーパーティー

見解

お盆の短距離決戦。ちなみにクラスターとは『星団』という意味らしいです。盛岡は週末から雨模様。最近の盛岡の高速馬場っぷりを見ると、さらに水分が加われば2017年にブルドッグボスがマークしたレコードの更新の可能性はかなり高いかなと思います。それもこれも、やはり快速⑨マテラスカイの存在が大きいです。

北海道スプリントCではメイショウアイアンに差し切られましたが、この馬が最も力を発揮するのは高速ダート。プロキオンSでのレコード勝ち、ドバイでの大健闘を見ても、芝並みのタイムが出るダートでのスピードは世界レベル。この点は、一方で東京盃・兵庫ゴールドトロフィーなど深いダートで苦戦しているところを見ても明らか。今回は条件クラスでも1分11秒台が出てしまう盛岡が舞台で、雨で足抜きが良くなればこの馬には最高の高速馬場になりそう。左回りも相性が良く、おまけに斤量が2キロ減の55キロというのも恵まれすぎ。存分にそのスピードを発揮してほしいです。

相手もスピードのある①ヒロシゲゴールド②アユツリオヤジ⑫トップウイナーを上位に。ハイペースにはなるでしょうが、高速馬場になってしまえば止まらなそうな気がします。どの馬も54キロですし、いいタイムで走ってきそう。

三連単フォーメーションで、1着⑨マテラスカイ、2着①ヒロシゲゴールド②アユツリオヤジ⑫トップウイナー、3着はその他③ブルドッグボス⑤ショーム⑦メイショウアイアン。非常にオーソドックスな予想ですね。2着候補3頭の中で一番推したいのは⑫トップウイナー。内の2頭がマテラスカイに封じ込められたところから、外の番手追走での流れ込みに期待。③ブルドッグボスの59キロは厳しいですね。最近は1400のイメージですし、評価は下げざるを得ないでしょう。

普段中央を買うファンの方が、盛岡を地方の深いダートというイメージで⑨マテラスカイを避けてもらえれば、配当的には楽しめるかもしれません。⑨マテラスカイの走り、時計に期待。1分7秒台もあり得るのかも。

三連単フォーメーション ⑨-①②⑫-①②⑫③⑤⑦

勝負度 ★★☆☆☆