2020 新潟 レパードS 予想 ミヤジコクオウ、距離短縮と中央戦で信頼◎ 三連複で勝負☆

2020 新潟 レパードS 予想 ミヤジコクオウ、距離短縮と中央戦で信頼◎ 三連複で勝負☆

レパードS 新潟 ダート1800米

勝ち負け

なし

嵌れば一発

6ラインベック10ライトウォーリア

安定型

4デュードヴァン7ミヤジコクオウ

展開次第で複勝圏

1ケンシンコウ2ブランクチェック
9メイショウダジン12バンクオブクラウズ
13ニュートンテソーロ14フリースロー

危険な人気馬

なし

苦戦必至

3タイガーインディ5ラブリーエンジェル
8ダンツエリーゼ11フレイムウィングス
15フェイバリット

見解

これまで3歳のオープン・重賞で活躍してきた馬と、ここに来て2勝クラスを勝ち上がってきた馬の争いになりそう。これは例年も同じ傾向なので、ある程度絞りやすいレースになるかなと思います。

中心は⑦ミヤジコクオウ。前々走の鳳雅Sが3馬身差の快勝。前走の大井・ジャパンダートダービーはナイター競馬で、1コーナーの轍に断然人気だったカフェファラオが戸惑って惨敗したレースですが、このミヤジコクオウにも映像を見ると若干ジャンプするような動きが見られました。実力を発揮できなかったと見ていいと思います。今回は1800に戻りますし、3走前の伏竜Sはスタート直後につまずく不利がありながら3着。信頼度は高いです。中央コースなら信頼していいでしょう。

相手はやはり④デュードヴァン。さらに2勝クラスを勝ってきた⑥ラインベック④デュードヴァンは毎度堅実な差し脚。1800でどうなるかですが、普通ならきっちりまとめてくるはず。キングカメハメハ×アパパネの良血・⑥ラインベックは、初ダートの前走2勝クラスを先行押し切り。芝実績もありますし、土曜日からの雨予報は追い風になりそう。番手でもレースはできますし、デムーロに乗り替わって一発あるかも。

三連複フォーメーションで⑦ミヤジコクオウから、2頭目に④デュードヴァン⑥ラインベック3頭目にその他①ケンシンコウ②ブランクチェック⑨メイショウダジン⑩ライトウォーリア⑫バンクオブクラウズ⑬ニュートンテソーロ⑭フリースローまで。⑩ライトウォーリアも売れそうですが、少し展開に注文がつきそうですし、岩田望来がどう乗るか次第ですね。3着候補は他にも多数。配当的に⑨メイショウダジン⑬ニュートンテソーロあたりが穴でしょうか。⑬ニュートンテソーロはブリンカー効果が出れば。ヒモ荒れに期待しましょう。

三連複フォーメーション⑦₋④⑥₋④⑥①②⑨⑩⑫⑬⑭

勝負度★★★☆☆