【レース回顧】2020 安田記念 完成したグランアレグリア、アーモンドアイに『8冠』の壁

【レース回顧】2020 安田記念 完成したグランアレグリア、アーモンドアイに『8冠』の壁

2020 東京 安田記念 1600米

1着 グランアレグリア

2着 アーモンドアイ

3着 インディチャンプ

 

心技体が揃った天才少女

中団で折り合ったグランアレグリア。直線は抜群の切れ味。昨年のNHKマイルカップでの失態から一年、最強馬・アーモンドアイを問題にしない文句なしの勝利でした。もともと素質は評価されていながら今一つ歯車が噛み合わないところもありましたが、すべてが揃った今回の強さは圧巻。桜花賞も阪神カップも、そしてこの安田記念も、勝った時のこの馬の強さはいつも凄みがありますね。ただ今回のグランアレグリアは、能力で押し切るというよりは大人の勝ち方。いよいよ完成してきた感じがあります。これからが本当に楽しみ。

 

『8冠』への壁高し

本命・アーモンドアイは、道中馬混みに入り後方から。直線外に出して追い込んだものの届かず2着。昨年の覇者・インディチャンプには勝ったものの、結果的にグランアレグリアには完敗でした。前後半の差があまりないラップで、今回は相手の強さを褒めるしかないでしょう。もしもう少しスタートが良くて、1列2列前でレースができていればあと少し差は詰められたかもしれませんが、それでもやっと並んで入れたかというところ。勝てば芝G1・8勝の新記録でしたが、ルドルフ・オペラオー・ディープ・ウオッカ・ジェンティルドンナと乗り越えられなかった壁。やはり競走馬の能力の持続力・そして世代交代という要素が、この壁を厚くしているのかなと思います。ただ負けて強しの内容、もし秋にチャレンジするようなら当然チャンスはあります。

 

『G1の壁』も厚し

インディチャンプは自分の競馬をしました。本当に堅実な馬。ただ超G1級の馬にしっかり走られてしまうと厳しいのかも。しかし立派な馬です。ダノン軍団もそうですが、今回は超G1級の2頭に力を発揮されてしまったという感じですね。ダノンキングリーダノンプレミアムともに、負荷のかかるレースになると脆くなる印象。結果論ですが、ノームコア・ケイアイノーテック・アドマイヤマーズと言う、過去に3歳以上のG1を勝ったことのある馬たちに敗れました。ダノンプレミアムは対抗評価にしたんですが、素質はあるものの噛み合わないまま5歳夏を迎えてしまった感じ。グランアレグリアとの対比が際立った結果となってしまいました。