2020 門別 北海道スプリントカップ 仕分け予想 門別で開花するか、ニットウスバル◎ 北海道勢はどれも穴気配☆

2020 門別 北海道スプリントカップ 仕分け予想 門別で開花するか、ニットウスバル◎ 北海道勢はどれも穴気配☆

木曜は門別で北海道スプリントカップ。最近の門別の短距離戦線は、中央のオープン級が続々と移ってきてハイレベル。このレースにもニットウスバルをはじめとして実績馬多数ですね。一方中央勢は何だか不安のある馬も多いですし、一年の中でもトップクラスに難しいダートグレードになりそう。頑張ってメンバーを仕分けてみたいと思います。

 

6月4日 門別 北海道スプリントカップ 1200米

【勝ち負け】

なし

これはとても一頭には絞れないですね。実績的にはやはり⑨マテラスカイなんですが。

 

【嵌まれば一発】

②ジョウラン(取消)③ニットウスバル④ショーム⑫スズカコーズライン

②ジョウランは屈健炎明けの前走で人気を裏切りましたが、叩いて一変もありそう。③ニットウスバルは移籍初戦で快勝。門別の馬場は合いそうで斤量も魅力。④ショームは短距離の差し馬。直線の長い門別1200は向くはずう。あとは初コース・初ナイターがどうでしょう。⑫スズカコーズラインはオープンで安定。こちらも初コースと初ナイターが課題ですね。

 

【安定型】

⑦ノボバカラ

さきたま杯勝利から連闘。過去このレースでは2着・3着。コース相性もいいですが、問題は58キロと、久しぶりの1200戦でしょうか。

 

【展開次第で複勝圏】

①オールドベイリー⑥ソルサリエンテ⑩ガンジー⑬メイショウアイアン

①オールドベイリーは移籍初戦の前走が内で詰まりっぱなし。中央オープンですし、スムーズならもう少し。⑥ソルサリエンテは勝ちきれないですが相手なりに走るタイプ。⑩ガンジーは注目された移籍初戦が案外。ただ直線だけの競馬に徹すれば一発も。⑬メイショウアイアンは昨年が追い込んで2着。前走の内容を見ても、10歳ですが能力落ちは少なさそう。今年も上がりがかかる展開なら。

 

【危険な人気馬】

⑨マテラスカイ

実績では断然なんですが、どうも地方のダートと相性が悪い感じ。門別の砂も深い方ですし、できるだけ軽いダートになってほしいところ。

 

【苦戦必至】

⑤ハヤブサマカオー⑧キタアルプス⑪フジノパンサー⑭スティンライクビー⑮ツルマルパラダイス

⑪フジノパンサーもいい馬ですが、正攻法の競馬をする馬で、ダートグレードの激しい流れになると厳しそう。あとの馬も能力で落ちますかね。

 

見解

どこからでも入れる大混戦。⑨マテラスカイが速いでしょうが、⑫スズカコーズラインもテンに出せるタイプで、緩みのないペースで流れそう。⑨マテラスカイは、過去の東京盃や兵庫GTでの失速を見ると、やはり地方のダートは不安。基本的には芝とダートの中間くらいがちょうどいい馬で、時計のかかる馬場になると厳しいかもしれません。

 

ここは前走、門別ダートでの適性を存分に見せた③ニットウスバルから。移籍初戦の前走が内から鋭く伸びて、最後持ったままの楽勝。最近の中央のレースでは速い時計で追走がやっとでしたが、門別の時計のかかるダートがフィットした感じ。今回は前走の58キロから56キロになるのも有利。思えばかつてキタサンミカヅキも、中央で似たような成績から移籍して一変しましたし、同じ道を歩む可能性だってあるかもしれません。ここは新天地での開花に期待。

 

相手は大混戦。ペース次第でどの馬も爆走と凡走が隣合わせ。ここは③ニットウスバルの単勝と馬連流しでいきます。①オールドベイリー④ショーム⑥ソルサリエンテ⑦ノボバカラ⑨マテラスカイ⑩ガンジー⑫スズカコーズライン⑬メイショウアイアンと手広く。さらにワイド③ニットウスバルから①オールドベイリー②ジョウラン⑥ソルサリエンテ⑩ガンジーの北海道勢へ。JRA勢に人気が偏ってくれることを祈って。

 

単勝 ③

馬連流し ③-①②④⑥⑦⑨⑩⑫⑬

ワイド流し ③-①②⑥⑩

勝負度 ★★★★☆