2020 大井 ハナキオー賞 マイルでスピード生きるリコーソッピース◎ 藤田も少々。

2020 大井 ハナキオー賞 マイルでスピード生きるリコーソッピース◎ 藤田も少々。

6月1日 大井 ハナキオー賞 1600米

 

【勝ち負け】⑧リコーソッピース

【嵌れば一発】①ウイニングメイビー

【安定型】②コーラルクリス⑥サノノカガヤキ➈ゴールドディザイア

【展開次第で複勝圏】③フロリアヌス④チェリーシャクナゲ⑤ノアブリジッド⑦リコーパイソン⑩アルバストラーダ⑪サマルカンドブルー⑫ショウナンマイカイ⑬オーシャンブラック

【危険な人気馬】なし

【苦戦必至】なし

見解

2年弱の長期休養明けから戻ってきた⑧リコーソッピース。復帰後4戦3勝。負けたレースも1800戦で、若干二走ボケもあったですかね。理想はマイルくらいの距離で自分のペースに持ち込むこと。ここは他の同型も同じ馬主の⑦リコーパイソンくらいですから、うまくやるでしょう。すんなりとハナを奪ってしまえば、3連勝当確というところでしょうか。

 

⑧リコーソッピースの逃げが早々と決定してたんたんと流れるなら、大井の内回りのマイル戦ですし、その後ろあたりでスムーズに流れる馬が良さそう。対抗は①ウイニングメイビー。前走は1400戦だったわりにペースもあまり速くなく、直線内をついたものの切れ負けした感じ。相手も強かったですしマイルならあんなことはないはず。⑧リコーソッピースの真後ろからレースができれば、矢野ですしそのままなだれ込んでくれるはず。1400戦を挟んで出脚にスピードが出てくれれば。

 

人気になるでしょうが、ここは馬連・ワイドでこの2頭の1点から。あとは三連複で配当が高めの馬にポンポンと張っていこうかなと思います。地味な予想ですね。そろそろ藤田凌の⑪サマルカンドブルーのまくりあたりが決まってくれれると楽しいんですが。

 

馬連・ワイド ①-⑧

三連複 ①⑧-⑪(配当高めの馬)