2020 浦和 エメラルドカップ 仕分け予想 森泰斗シュプレノン◎ ワグナーコーヴ不安あり☆

2020 浦和 エメラルドカップ 仕分け予想 森泰斗シュプレノン◎ ワグナーコーヴ不安あり☆

5月28日 浦和 エメラルドカップ 2000米

 

【勝ち負け】なし

【嵌れば一発】②ランニングウインド⑥シュプレノン⑦ワグナーコーヴ⑨メイショウイッポン⑩キャプチュード

【安定型】なし

【展開次第で複勝圏】①ゼットパッション④パーソナルマキ⑤クラトリガー⑧クインザヒーロー⑩グレートコマンダー

【危険な人気馬】なし

【苦戦必至】③キングルアウ

 

見解

浦和の2000のハンデ戦。A2のレースではあるものの、メンバーは格下が多く、軽ハンデの馬が多数。なかなか比較が難しいですが、人気はおそらく⑦ワグナーコーヴ。3歳時に京浜盃2着。近走も2000で連勝、前走も軽ハンデだったもののオープン勝ちと実績で一歩リード。ここもあっさり突破しそうですが、今回は53キロから57キロに増えますし、鞍上の水野がテン乗り。気性が勝っていてポカもある馬なだけに、ここは勝ってしまったら仕方ないという気持ちで買っていきたいです。

 

中心は⑥シュプレノン。とにかく成績が安定。これまで馬券圏外に飛んだのは1400戦の1度だけ。中距離戦ならまず崩れませんし、ここ4戦で2勝。詰めの甘いタイプでしたが、最近は勝ちきる底力もついてきました。今回は53キロと恵まれましたし、主戦の森泰斗が⑦ワグナーコーヴではなくこちらを選んだ点も信頼できます。軸でいってみましょう。

 

馬単マルチ流し⑥シュプレノンから、①ゼットパッション②ランニングウインド⑤クラトリガー⑦ワグナーコーヴ⑨メイショウイッポン⑩キャプチュードへ。①ゼットパッションは前走で内容良化。②ランニングウインド⑨メイショウイッポンは格下ですが53キロなら。⑤クラトリガーは追い込みで展開次第ですが力はあります。そして⑩キャプチュードは浦和の2000で3戦3勝。中央から戻って2戦目で上積み十分。外枠が心配ですが、ロスなく立ち回れば。ここから高目を待ちたいと思います。⑦ワグナーコーヴはあくまで押さえで。

馬単マルチ流し ⑥⇔①②⑤⑦⑨⑩

勝負度 ★★☆☆☆