2020 東京 オークス 仕分け予想 デアリングタクト、無敗の2冠女王へ。 アブレイズの一発が穴☆

2020 東京 オークス 仕分け予想 デアリングタクト、無敗の2冠女王へ。 アブレイズの一発が穴☆

日曜はいよいよオークス。ついにここまで無観客競馬で来てしまったのが残念ですが、今年の3歳牝馬戦線はここに来て1強ムード。果たして桜花賞馬・デアリングタクトによる、63年ぶりの無敗での2冠達成はあるのでしょうか。仕分けでメンバーをチェックしていきましょう。

 

5月24日 オークス 芝2400米

【勝ち負け】④デアリングタクト

3戦3勝で桜花賞制覇。休み明け、初の道悪馬場だったにもかかわらず、直線は一頭違う脚。エピファネイア産駒なら東京2400も対応できそう。好枠も引いて条件は整った感じ。

 

【嵌れば一発】③アブレイズ⑥リアアメリア⑩ミヤマザクラ

③アブレイズはフラワーCを会心のレースで勝ち2戦2勝。東京の長い直線で同じ競馬ができるかどうかですが、好枠と血統でこなしてしまうかも。⑥リアアメリアは2歳時は一番の評価だった馬。阪神JF、桜花賞と不甲斐ない競馬でしたが、アルテミスSの強さを考えると東京で一変する可能性はありそう。人気も落ち着くでしょうし、開き直って直線一気策で一発狙いでしょうか。⑩ミヤマザクラも東京のクイーンCで勝利。牡馬相手に2000まで距離もこなしていますし、道悪の桜花賞で5着ならさらなる上積みもあるかも。

 

【安定型】②クラヴァシュドール

桜花賞で道中大きな不利がありながら、内からしぶとく伸びて4着。毎戦堅実ですし、東京にも良績あり。内枠を引いたデムーロの一撃が決まるかも。

 

【展開次第で複勝圏】①デゼル⑤ホウオウピースフル⑦ウインマイティー⑪リリーピュアハート⑫マジックキャッスル⑯ウインマリリン⑰マルターズディオサ⑱サンクテュエール

①デゼルはまだまだキャリア不足ですが、性能は感じますし最内枠が嵌れば。⑤ホウオウピースフルはこの3戦がすべて東京。オークスを狙ってきた感じもあり、あとは内田がどう乗るか。⑦ウインマイティーは毎年気になる忘れな草賞の勝ち馬。ゴールドシップ産駒で底力勝負なら。⑪リリーピュアハートは2月に東京2400で1勝クラス勝ち。距離経験は大きな強み。⑫マジックキャッスルは桜花賞は道悪で度外視。あとはこの距離で折り合えるか⑮チェーンオブラブはハーツクライ産駒で東京でも勝ち鞍あり。あとは思い切った競馬でどこまで。⑯ウインマリリンはトライアル勝ちですが、内枠でスンナリ先行できたという点で恵まれた印象。崩れませんが最後の決め手比べでどれだけ頑張れるか。⑰マルターズディオサは前走好位で失速。良馬場なら変わるでしょうが、距離延長と外枠が大きなハードル。⑱サンクテュエールはシンザン記念以来の桜花賞でまずまずの結果。ただ、さすがのルメールも大外枠でどうでしょう。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑧スマイルカナ⑨インターミッション⑬ウーマンズハート⑭フィオリキアリ

桜花賞3着の⑧スマイルカナですが、本質的にはマイラー。逃げて各馬の目標になりそうなだけに、東京2400ではかなり厳しくなりそう。小柄な⑨インターミッション⑭フィオリキアリもこの距離で我慢できるかどうか。⑬ウーマンズハートは左回りで一変する可能性もありますが、若干早熟気味で距離も心配。

 

まとめ

④デアリングタクトの桜花賞は圧巻。全馬バテバテの中、休み明けにもかかわらず大外から馬群を切り裂いた脚は身体能力の高さを感じました。唯一のハードルになりそうなのは距離ですが、元々大きなレースをする馬。内枠も引きましたし、どっしり脚をためて、直線だけの競馬でも間に合うと信じます。素直に本命◎。

 

相手は②クラヴァシュドール③アブレイズ⑥リアアメリア⑩ミヤマザクラ4頭にまとめてみます。②クラヴァシュドールは前走の不利からの立ち直りに底力を感じました。③アブレイズは東京2400をどうこなすかですが、父・母の父ともにダービー馬。体つきを見てもこなしておかしくない体型。まだまだ人気にはならないでしょうし、ここも警戒したいです。⑥リアアメリアは距離が微妙ですが、東京に変わって決め手勝負に賭ければ。そして⑩ミヤマザクラは一番バランスが良さそうで、ここも大崩れはなさそう。

 

④デアリングタクトから馬連流し②クラヴァシュドール③アブレイズ⑥リアアメリア⑩ミヤマザクラへ。そして三連複でこの4頭に加えて、⑤ホウオウピースフルと⑪リリーピュアハートまで。2頭とも距離が合いそうです。すぱっと決めたいですね。一番期待しているのは③アブレイズ

 

馬連流し ④-②③⑥⑩

三連複流し ④-②③⑥⑩⑤⑪