2020 東京 NHKマイルカップ 仕分け予想 タイセイビジョン・シャインガーネット・サクセッションのボックス勝負!

2020 東京 NHKマイルカップ 仕分け予想 タイセイビジョン・シャインガーネット・サクセッションのボックス勝負!

日曜は府中でG1・NHKマイルカップ。今年は牝馬2歳女王・レシステンシアの出走で、ぐっとハイレベルになった感じ。タイセイビジョンや3戦3勝のサトノインプレッサ・ルフトシュトロームなど重賞勝ち馬もいて面白いレースになりそう。さっそく仕分けしていきます。

 

東京 NHKマイルカップ 1600米

【勝ち負け】なし

注目は既存の牡馬・有力馬とレシステンシアの比較。こればっかりは走ってみないとわからないですし、展開も大きなファクターとなりそう。混戦です。

 

【嵌まれば一発】②タイセイビジョン③レシステンシア⑭ルフトシュトローム⑰サトノインプレッサ

②タイセイビジョンはアーリントンCを順当勝ち。経験豊富で、叩いて順当に良化。あとはこの内枠を味方にできれば。③レシステンシアは桜花賞2着でしたが、ハイラップを粘っての連対。今回は逃げ馬不在、東京の長い直線でルメールがどう乗りますか。⑭ルフトシュトロームは3戦3勝。非凡な勝負根性を感じるレースぶりですが、ここまで中山のマイルだけで3連勝。初の府中マイルがG1、課題は多いです。⑰サトノインプレッサはNHKマイルCと相性の良い毎日杯の勝ち馬。3戦3勝、東京も合いそうですが、中間ソエで頓挫があったのが不安。

 

【安定型】④プリンスリターン

好位から相手なりに走れる馬。今回は③レシステンシアの後ろでスムーズに運べそう。あとは決め手比べでどこまで頑張れるか。

 

【展開次第で複勝圏】⑤シャインガーネット⑥ギルデッドミラー⑧サクセッション⑩ハーモニーマゼラン⑪ラウダシオン⑫ボンオムトゥック⑮ソウルトレイン⑯ストーンリッジ⑱ウイングレイテスト

伏兵陣もかなりハイレベル。この大舞台で素質が開花しそうな素質を持った馬も多いです。毎年横一線で、時に大穴が飛んで来るレース。どの馬にもチャンスありです。

【危険な人気馬】なし

【苦戦必至】①シャチ⑦メイショウチタン⑨ラインベック⑬ニシノストーム

決め手比べて若干劣る面々。さすがにここに入ると分が悪そうです。

 

 

まとめ

今週の東京は時計が速い印象。加えて今回のメンバーを見渡すと、逃げ脚質は③レシステンシアのみ。ルメールの単騎逃げで落ち着いた展開になりそうです。となれば③レシステンシア断然有利に見えるわけですが、チューリップ賞や桜花賞の内容を見てみると、瞬発力というよりは持久力タイプの逃げ馬。あまりペースを落としすぎると、決め手のある馬にやられてしまいそうな不安があります。

 

3戦3勝の2頭、⑭ルフトシュトローム⑰サトノインプレッサですが、ルフトシュトローは初の東京ですしキンシャサノキセキ産駒でマイルの瞬発力勝負が不安。⑰サトノインプレッサはここ3戦道悪で勝利だったのと、やはりソエの影響も気になるところ。

 

ということでここは思い切って、東京コースが合いそうで切れ味のある馬を集めてボックス買いしてみようかと思います。気になるのは②タイセイビジョン⑤シャインガーネット⑧サクセッション②タイセイビジョンはこれまでさまざまなコースで走ってきましたが、京王杯の勝ちっぷりが一番。⑤シャインガーネットは桜花賞をパスしてここを狙ってきました。左回りのマイルはベスト、牝馬の瞬発力が生きれば。⑧サクセッションはあと一息の競馬が続いていますが、東京マイルでのデビュー戦の勝ちっぷりが印象的。それ以来のこの舞台で切れ味が増せば。横山のマジックに期待。

 

②タイセイビジョン⑤シャインガーネット⑧サクセッションの馬連・ワイド・三連複1点で勝負。手を広げようと思えばいくらでも広げられるレース、キリがないので絞って見物してみます。

 

馬連・ワイドボックス 三連複 ②⑤⑧

勝負度 ★★★☆☆