2020 名古屋 かきつばた記念 仕分け予想 外枠・軽ハンデでマイタイザンの一発◎

2020 名古屋 かきつばた記念 仕分け予想 外枠・軽ハンデでマイタイザンの一発◎

GWはダートグレード競走が3日間連続で行われます。その1日目が、名古屋で行われるかきつばた記念。ハンデ戦で地方馬の活躍も目立つこのレース、展開ひとつで波乱もあり得そうで楽しみですね。仕分けで実力・ハンデをチェックしていきます。

 

名古屋 かきつばた記念 1400米

【勝ち負け】なし

当然JRA勢有利ではありますが、どの馬も流れひとつでポカもありそうな感じ。展開次第で番狂わせもありそうなメンバーです。

 

【嵌まれば一発】①リアンヴェリテ⑦ラプタス

ともに徹底先行のタイプ。①リアンヴェリテは久々の1400でハナを奪えるかどうかですが、前走から斤量も軽くなりますし、最内枠からハナを取れれば。⑦ラプタスも逃げか番手かで大違いなタイプ。この①リアンヴェリテ⑦ラプタス、さらに③ラブカンプーのハナ争いがレースの鍵を握ります。

 

【安定型】②ドリームドルチェ⑩アディラート

②ドリームドルチェは同じコースの東海桜花賞を楽勝。今回もこの枠なら逃げ勢の後ろに入れそうで、中央実績から通用してもおかしくないです。ただ乗り替わりが少し気になるところ。⑩アディラートはJRA勢では比較的差せそうなタイプ。先行争いを外から見て行けそうなのは有利ですが、あとは外の⑪マイタイザンに被せられてポジションが悪くなった時にどうでしょうか。

 

【展開次第で複勝圏】③ラブカンプー⑧ノボバカラ⑪マイタイザン

③ラブカンプーは去年から芝で全く力を発揮できていませんが、今回は52キロで初ダート。逃げに持ち込めたとして、どこまで変わり身があるか。⑧ノボバカラは全盛期の力はないですが、この相手なら展開次第で馬券圏内もあるでしょうか。兵庫⑪マイタイザンは前々走の園田でレコード勝ち。前走は内で包まれて自分の競馬ができなかったものの連は確保。今回は外枠でスムーズに運べそうですし、53キロならこの相手でもわかりません。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】④ペイシャゲラン⑤カレドヴルフ⑥メモリージルバ⑨サンデンバロン⑫モズオラクル

どの馬も軽ハンデではありますが、さすがに足りないでしょう。

 

まとめ

とにかくレースのポイントは先行争い。①リアンヴェリテ⑦ラプタスともに何としても逃げたいですし、さらに③ラブカンプー。初ダートで砂をかぶりたくないでしょうし、強気な菱田が乗るとなれば執拗にハナを狙ってくるかも。いずれにしろペースは早くなりそうです。

 

ここは穴ですが、外枠を引いた兵庫⑪マイタイザンの一発に期待。前走は速い馬も多く、内で後手後手の競馬。今回は斤量も4キロ減りますし、勝ったドリームドルチェとの差は詰まるはず。JRA勢が前に行ってしまえば、その後ろの4~5番手でスムーズに運べそうですし、あとは前が止まってくれれば馬券圏内も十分あり得ると見ました。ギャンブルですが、配当も良さそうなので高配当を狙っていきたいと思います。

 

⑪マイタイザンから三連複1頭流し。相手は①リアンヴェリテ②ドリームドルチェ③ラブカンプー⑦ラプタス⑧ノボバカラ⑩アディラートへ。淀みのない流れになってくれればチャンスがあり。③ラブカンプーに前半頑張ってほしいですね。

 

三連複1頭軸流し ⑪-①②③⑦⑧⑩

勝負度 ★★★☆☆