2020 川崎 幸オープン さくっと仕分け予想 叩き2戦目リンゾウチャネルと、長距離巧者フレアリングダイヤ◎○

2020 川崎 幸オープン さくっと仕分け予想 叩き2戦目リンゾウチャネルと、長距離巧者フレアリングダイヤ◎○

川崎 幸オープン 2100米

 

【勝ち負け】③リンゾウチャネル

【嵌まれば一発】④ストーンリバー⑤ジャーニーマン⑪ロードヴァンドール

【安定型】⑩フレアリングダイヤ

【展開次第で複勝圏】①サトノアッシュ②サーヒューストン⑦ザイディックメア⑨バイタルフォース⑫アッキー

【危険な人気馬】なし

【苦戦必至】⑥ガヤルド⑧プロトコル

 

まとめ

まず南関移籍2戦目となる北海道の三冠馬・③リンゾウチャネル。超豪華メンバーだった前走のブリリアントカップでしたが、直線で前が狭くなってスピードダウンする不利も大きかったですし、何よりプラス24キロがたたった感じ。今回は間隔を詰めてきましたし、馬体も締まってくるはず。持ち前のスピードが戻ればこの距離でも押し切ってしまいそう。ひとまず中心と考えて良さそうです。

 

そしてもう一頭の注目は、ダイオライト記念で6着だった⑩フレアリングダイヤ。レースは後方から追い込んで、JRA勢相手に3番目の上がり。終い勝負に徹したとは言え、サウンドトゥルーよりも速い上がりをマークしたのは評価して良さそう。金盃2着を見ても長距離適性の高さを感じますし、差しが決まり始めた今の川崎なら信頼していいでしょう。勝ちきれるかは微妙ですが、55キロも有利でまず崩れないと見ました。

 

ここは思い切って三連単フォーメーションで、1着2着を③リンゾウチャネル⑩フレアリングダイヤの裏表、3着を①サトノアッシュ②サーヒューストン④ストーンリバー⑤ジャーニーマン⑦ザイディックメア⑨バイタルフォース⑪ロードヴァンドール⑫アッキーにして流してみます。おそらく③リンゾウチャネルが1番人気でしょうから、1着2着が逆になるとオッズもある程度はねそうですね。またしてもヒモ穴に期待します。

 

三連単フォーメーション ③⑩→③⑩→①②④⑤⑦⑨⑪⑫

勝負度 ★★★☆☆