2020 阪神 阪神大賞典 仕分け予想 安定感ならユーキャンスマイル◎ 阪神3000でメロディーレーンの一発に期待☆

2020 阪神 阪神大賞典 仕分け予想 安定感ならユーキャンスマイル◎ 阪神3000でメロディーレーンの一発に期待☆

日曜阪神は天皇賞に向けての大事なステップレース・阪神大賞典。最近は大阪杯がG1に昇格したことで超大物の出走が少なくなりましたが、ステイヤーにとっては天皇賞への階段がより明確になった感じもありますね。今年も個性派が揃ったG2、早速仕分けていきたいと思います。

 

【勝ち負け】⑨キセキ

2017年の菊花賞馬。勝ち星はそれ以降ありませんが、ジャパンカップなどG1・2着が3回。天皇賞のタイトルをなんとしても欲しいこの馬にとって、ここは負けられない一戦。ただ久しぶりの3000がどう出るか。少し危険な匂いもする馬です。

 

【嵌まれば一発】なし

爆発的に走りそうな馬はいないですね。伏兵勢としては、人気になるであろう⑨キセキ⑩ユーキャンスマイルのポカを待つしかないと思います。

 

【安定型】⑩ユーキャンスマイル

昨年の天皇賞・春は5着。その後、天皇賞・秋で4着、ジャパンカップで5着などG1で健闘。阪神コースさえ克服できれば逆転もありそうです。

 

【展開次第で複勝圏】①レノヴァール②メロディーレーン③ムイトオブリガード④トーセンカンビーナ⑤タイセイトレイル⑥メイショウテンゲン⑦ボスジラ⑧ドレッドノータス

馬券圏内ということになると、すべての馬にチャンスが出てきてしまうレース。あとは2強が崩れるかどうか。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】なし

 

まとめ

力のいる阪神で行われますし、底力が問われる一戦。そのためか、過去の勝ち馬を見ても実力のある馬が順当に走ってきている感じがあります。そうなれば実績No.1の⑨キセキはまず信頼していいのかなと思いますが、元来乗り難しい馬。今のこの馬が3000を無難に走っていけるかがカギでしょうか。

 

一応安定感としては⑩ユーキャンスマイルが上位かなと思います。崩れないですし、3000以上のレースにも実績豊富。東京や京都の方が良さそうですが、この相手なら阪神でもおかしな競馬にならないでしょう。どちらかと言うと⑨キセキの方がたまにおかしな競馬になりやすいタイプだと思うので、軸としては⑩ユーキャンスマイルの方が上に取りたいです。

 

とりあえず⑩ユーキャンスマイル単勝。そして相手はいろいろ考えましたが、あまり手を広げて買ってもハイリスク・ローリターンで面白くないので、ここは思い切って②メロディーレーンとの馬連・ワイド1点だけ買って見学していようかなと思っています。他にこれと言って推せる馬もいませんし、応援の気持ちも込めて。

 

ただこの阪神3000という舞台は、この馬にとって願ってもないと思っています。これまでのメロディーレーンのレースを見ていると、勝とうが負けようが確実に35.0前後の末脚は繰り出しています。単純にそういう馬なんだと思うんですね。他の馬の上がりが掛かってくれさえすれば、必然的に着順が上がっていく馬なのかもしれません。そう考えると阪神3000なら京都より上がりがかかりますから、この馬にとっては好都合。かつて牝馬のデニムアンドルビーも2着に来ていますし、適性を発揮してくれるかも。そもそも340キロ台でレースに勝ってきている馬、普通の馬の常識が通用しない可能性があります。ここはその可能性に賭けてみたいと思います。

 

単勝 ⑩

馬連・ワイド ②-⑩

勝負度 ★☆☆☆☆