2020 名古屋 名古屋大賞典 仕分け予想 三連複1点勝負で☆

2020 名古屋 名古屋大賞典 仕分け予想 三連複1点勝負で☆

木曜の名古屋は重賞・名古屋大賞典が行われます。同日に女性騎手が腕を競うレディスヴィクトリーラウンドも行われて、お客さんが入っていればかなり盛り上がった1日となったでしょうが、今回は無観客競馬ということで本当に残念ですね。今年の名古屋大賞典は上がり馬が多い印象。ちょっと地方馬では厳しいですかね。仕分けでチェックしていきましょう。

 

【勝ち負け】なし

JRA勢は力が接近しています。どの馬から入るかは大変難しいところですね。

 

【嵌まれば一発】③フィードバック⑩ナムラカメタロー

③フィードバックは2勝クラス、3勝クラスを連勝。長い距離も合いそうですが、問題は小回りの内枠です。⑩ナムラカメタローは初めての交流重賞だった前走の佐賀記念できっちり結果を出しました。名古屋の外枠は先行馬にとってはレースがしやすそうですね。

 

【安定型】④アングライフェン⑤ロードゴラッソ

④アングライフェンはダート転向後は安定。前々走、同じ名古屋を経験しているのも強み。足抜きのいいダートになればさらに魅力。⑤ロードゴラッソは佐賀記念で競り負けましたが、今回ナムラカメタローとは同斤。勝ち味に遅い馬ですが、立ち回りひとつ。

 

【展開次第で複勝圏】①ビルジキール

若干格下の印象ですが、福島での勝ち方を見ると当日道悪が残れば少し面白い存在です。幸がこの枠で単騎逃げに持ち込んだりするとわからないです。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】②モズオラクル⑥カレドヴルフ⑦サンデンバロン⑧ヒーズインラヴ⑨マコトネネキリマル⑪エバーゴールド⑫アセイラント

注目は一応⑧ヒーズインラヴですが、ここ2戦ダートでの走りが案外。そもそもダービー卿を勝った時ほどのデキにもない感じで、ここでは苦戦でしょう。②モズオラクル⑫アセイラントあたりは先行力があるだけに、レースに影響を与える可能性はあります。

 

まとめ

水曜の馬場を見ると、馬場はだいぶ回復していきそう。ひょっとしたらレースの頃にはやや重あたりまで回復するかもしれません。こうなると若干の穴気配があった①ビルジキールでは少し厳しいかもしれません。残りの4頭の競馬になるでしょうか。

 

その中で、私が不安に思っているのは③フィードバック。成績だけ見ると好位抜け出しの内容で一見小回りもこなせそうな雰囲気ですが、実際の映像を見るとなかなか跳びが大きめで、小回りの名古屋を苦にする可能性が少しありそう。これがもし外枠だったらある程度安心なんですがね。その他の3頭、④アングライフェン⑤ロードゴラッソ⑩ナムラカメタローがダートグレードで実績のある面々なだけに、この3頭に比べると若干不利かなと思います。

 

ということで名古屋競馬ですから、配当もこの4頭に思い切り偏りそうですし、ここは思い切って三連複で絞って、④アングライフェン⑤ロードゴラッソ⑩ナムラカメタロー1点で勝負してみたいと思います。何倍になるでしょうかね。③フィードバックを押さえるなら元取り狙いで。三連単も考えましたが、このあたりの順番は運で変わりそうに思います。

 

三連複 ④⑤⑩

三連複1頭軸流し ③-④⑤⑩(元取り狙い)

勝負度 ★★☆☆☆