2020 中山 報知杯弥生賞ディープインパクト記念 仕分け予想 道悪も大丈夫!中山2度目のワーケア◎ 相手は穴狙いで☆

2020 中山 報知杯弥生賞ディープインパクト記念 仕分け予想 道悪も大丈夫!中山2度目のワーケア◎ 相手は穴狙いで☆

日曜の中山は今年からディープインパクト記念と名前が冠せられた報知杯弥生賞。今後このレースはどう呼べばいいんでしょうかね。共同通信杯は副題がトキノミノル記念ですが、一般的に共同通信杯で通りますけど。弥生賞ディープインパクト記念と、フルネームで言うべきなんですかね。そんな複雑な気持ちを抱えながら、仕分けをしたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

素質馬は揃いましたが、現段階でのトップクラスという馬はいません。ここは空欄にしたいと思います。

 

【嵌まれば一発】①サトノフラッグ⑧ワーケア

①サトノフラッグは2戦2勝。前走の勝ちっぷりもなかなかですが、あとは重賞で同じリズムで走れるかどうか。⑧ワーケアは前走G1でコントレイルに完敗でしたが馬券圏内は確保。中山2000も2度目でここなら当然上位でしょう。

 

【安定型】⑩オーソリティ

中山2000を2度経験。若干詰めの甘さを感じますが、反面大きく崩れることもなさそう。

 

【展開次第で複勝圏】③パンサラッサ④オーロアドール⑤ブラックホール⑥ウインカーネリアン⑦メイショウボサツ⑨アラタ

新馬、未勝利勝ちの馬たちはどれも未知数。一角崩しがあるかどうか。③パンサラッサは道悪にでもなれば。実績では⑤ブラックホールですが、小さな馬で馬体の成長的にどうでしょう。叩き2戦目の⑥ウインカーネリアンも単騎逃げなら。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】②エンデュミオン⑪ディヴィナシオン

②エンデュミオンは前走を見ると重賞では厳しそう。⑪ディヴィナシオンも距離が伸びますし、正攻法の競馬ですからなかなか一発もないかなと思います。

 

まとめ

①サトノフラッグ⑧ワーケアが人気ですが、①サトノフラッグに関してはスムーズに運べなかった時にポカもありそう。ただまともならこの2頭の力が上位ではあると思います。ひとまず馬券の軸としては⑧ワーケアですかね。

 

初めての中山だったホープフルSは終いを生かす競馬で3着。最後の伸びは際立っていました。今回はメンバーも落ちますし、中山も2度目。道悪になっても実績がありますし、まず崩れることはないでしょう。馬券の中心で考えたいです。

 

馬券的な魅力としては①サトノフラッグが飛ぶことを祈るしかないですね。かなり大跳びの馬ではあると思うので、内でごちゃごちゃした展開になると少し不安。デビュー戦が道悪でダメでしたから、そのあたりに期待して穴狙いで行きます。

 

三連複フォーメーションで、1頭目に⑧ワーケア、2頭目に③パンサラッサ④オーロアドール⑥ウインカーネリアン、3頭目は全流しでいってみます。③パンサラッサは母父がモンジュー、4走前に道悪で楽勝しているので、このまま雨が降り続ければ。④オーロアドールはまったく未知数ですが、走り方的に右回りが合うかもしれません。キャリアが浅くハードルは高いですが買ってみたいですね。⑥ウインカーネリアンは前走はデキが今ひとつで、今回は立て直してきている様子。こちらはキャリア豊富で消耗戦になれば粘りこみもありそうです。

 

普通であれば⑧ワーケア①サトノフラッグ⑩オーソリティなんでしょうけどね。昨日のオーシャンS並のガチガチを狙っても仕方ないですしね。昨日ハナ差で4着だったグランドボヌールが3着だったらな、というモヤモヤを抱えながら一波乱期待したいです。

 

三連複フォーメーション ⑧-③④⑥-総流し

勝負度 ★★★☆☆