2020 船橋 報知グランプリカップ 仕分け予想 移籍後一変、マイネルバサラが前をとらえる◎ 穴はサルサディオーネ☆(オールブラッシュは取消)

2020 船橋 報知グランプリカップ 仕分け予想 移籍後一変、マイネルバサラが前をとらえる◎ 穴はサルサディオーネ☆(オールブラッシュは取消)

水曜の船橋は報知グランプリカップ。古馬1800の重賞で、なかなかハイレベルな一戦となりそうです。最近の南関東の重賞は好メンバーの連続でたまらないですね。さっそく仕分けでチェックみましょう。

 

【勝ち負け】なし

上位拮抗、役者揃いのレース。ある程度絞れそうですが、勝ち負けの評価となると難しくなってきそうです。

 

【嵌まれば一発】②マイネルバサラ⑦オールブラッシュ(取消)

②マイネルバサラは地方移籍が大成功。内容が一変して、切れ味が増しています。一気に重賞制覇もありそう。⑦オールブラッシュもJRAから移籍して前走重賞制覇。船橋コースも走りますが、今回はミシェル騎乗がどう出るか。

 

【安定型】⑧ヤマノファイト⑩タービランス⑪ベンテンコゾウ

⑧ヤマノファイトは最近ズブいですが、条件はベスト。まず崩れないでしょう。⑩タービランスは昨年の勝ち馬。前走オールブラッシュにやぶれたものの、ヒカリオーソは封じ込めました。森鞍上でさらに上昇。⑪ベンテンコゾウは叩き3戦目できっちりリッカルドを破りました。ただ今回は相手強化と外枠が気になるところ。

 

【展開次第で複勝圏】③コパノチャーリー⑨アルタイル⑫サルサディオーネ

③コパノチャーリーは移籍初戦。中央時代からムラ駆けタイプなだけに、今回もスムーズな展開になるかどうか。⑨アルタイルは最近マイル以下を中心に走っていますが、中央時代は1800でも好成績。前走1200を使ったことで目が覚めれば。⑫サルサディオーネはTCK女王盃が惨敗ですが、単騎逃げなら一変する馬。岩田騎乗も魅力。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①ジョーストリクトリ④ミキノトランペット⑤バンズーム⑥ハクサンルドルフ

少し穴っぽい雰囲気もある馬たちですが、堅実な⑩タービランス⑧ヤマノファイト⑪ベンテンコゾウあたりを全部やっつけなければ馬券圏内には入ってこれないので、なかなか厳しいと思われます。

 

まとめ

人気は⑩タービランスでしょうが、元々脚の使いどころが難しいタイプで、単勝で買うにはちょっと怖い馬です。そのあたりに馬券的な魅力ありと見て、本命は最近キレッキレの②マイネルバサラでいきたいと思います。

 

小久保厩舎に移籍後、脚をためる競馬で瞬発力タイプに変貌。勝島王冠は相当相手が強かったですが、出遅れから挽回して掲示板。前走の川崎のオープンでは直線大外に持ち出すと、一頭違う脚を見せ楽勝。今回は内で先行する③コパノチャーリーの後ろで脚をためられる枠を引きましたし、4コーナーまでに5~6番手に進出できれば最後差せると見ました。的場の重賞勝ちを願って本命を打ちます。

 

馬単マルチ流しで②マイネルバサラから、まずは⑩タービランスが大本線。そして押さえで③コパノチャーリー⑦オールブラッシュ⑧ヤマノファイト⑨アルタイル⑪ベンテンコゾウ⑫サルサディオーネへ。

 

この中で、穴で一番期待しているのは⑫サルサディオーネ。とにかくペース関係なく、気持ち良く行ってしまえばしぶといです。船橋1800はかつてクイーン賞2着もありますし、揉まれない大外もかえって好都合。一発あっておかしくないですよ。

 

馬単マルチ流し ②⇄⑩③⑦⑧⑨⑪⑫

勝負度 ★★★☆☆