2020 東京 東京新聞杯 仕分け予想 どう乗る?横山・クリノガウディー◎

2020 東京 東京新聞杯 仕分け予想 どう乗る?横山・クリノガウディー◎

冬のマイル重賞・東京新聞杯が、今週日曜の東京のメイン。ここ2年、インディチャンプ・リスグラシューが勝っていて出世レースとなっています。今年もこれから期待できそうな馬が集まって混戦模様。仕分けしてみましょう。

 

【勝ち負け】なし

成績にムラがある馬が集まっています。これは確実に来る、という馬はいないですね。

 

【嵌まれば一発】①プリモシーン⑤サトノアーサー⑥レイエンダ⑦ケイデンスコール

どれも一発気配あり。①プリモシーンはここ2戦スランプですが、昨年の春にヴィクトリアマイルで東京マイルを好走。デキ次第。⑤サトノアーサーはマイルで脚がたまるかどうかですが、切れ味では上位。⑥レイエンダは去年富士Sで2着ならここでも通用。初ブリンカーがどちらに出るか。⑦ケイデンスコールは一発があるタイプ。こちらも切れ味が魅力で折り合いがつけば。

 

【安定型】②ヴァンドギャルド⑨レッドヴェイロン⑬クリノガウディー

どの馬も堅実に走ってきそうですが、突き抜けるほどの脚があるかどうか。②ヴァンドギャルドは重賞でどこまでやれるか。⑨レッドヴェイロンも2着が多い馬。3歳時にNHKマイルで3着がありますし、格落ちはないでしょう。⑬クリノガウディーは切れ味では劣りますが、長くいい脚は使えるタイプ。東京マイルは合いそう。

 

【展開次第で複勝圏】④クルーガー⑪キャンベルジュニア⑫シャドウディーヴァ⑮ケイアイノーテック

馬券内に入りそうな能力のある馬たちですが、上位陣も強力なので順番が回ってくるかどうか。⑫シャドウディーヴァがマイルでどれだけ変わるか。④クルーガーも未知な部分も多いですね。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】③モルフェオルフェ⑧スウィングビート⑩ロワアブソリュー⑭ゴールドサーベラス⑯ドーヴァー

重賞では足りないかなというところ。⑯ドーヴァーもそこそこ走りそうですが、この枠だと距離ロスがありそうな気がしますね。

 

まとめ

かなりの混戦。流れとデキ次第でいくらでも順番が変わってきそうです。例年大外一気はあまりないので、内をうまく捌ける馬が良さそうで、ある程度ポジションも前でレースをしたいところ。コース取りは重要なレースですね。

 

ここは⑬クリノガウディーで勝負。能力はある馬ですが速い脚がないので、どうしても掲示板くらいのレースが多くなってしまいますが、今回は調教が抜群だったようですし、ジリジリ伸びるタイプなら東京の長い直線は合います。昨年の富士Sもかなりどん詰まりのレースになって、脚を余しての4着でしたからね。そして今回一番気になるのは横山典への乗り替わり。こういうワンパンチ足りない馬に乗った場合、極端なレースを試みる人だと思います。今回メンバーを見渡すと、先行馬が内の③モルフェオルフェだけですし、この枠なら外から出して、逃げか2番手の競馬をしてくれないかなという狙い。差しても悪くないですが、勝ちを狙うなら先行しかないでしょう。出脚がない馬ではないので、去年の京成杯AHのトロワゼトワルの時のような豪快なレースをしてくれないかなという期待です。

 

⑬クリノガウディーから馬単マルチ流しで⑬クリノガウディーから①プリモシーン②ヴァンドギャルド⑤サトノアーサー⑥レイエンダ⑦ケイデンスコール⑨レッドヴェイロンへ。意外と売れてしまっているので、直前でもう少しオッズがはねることを期待します。横山ですから、ダメなら途中で白旗を挙げるような展開になりそう。一発勝負。

 

馬単マルチ流し ⑬⇄①②⑤⑥⑦⑨

勝負度 ★★★☆☆