2020 大井 桃花賞 仕分け予想 再度ネーロルチェンテ◎ 穴はディープメロディー☆

2020 大井 桃花賞 仕分け予想 再度ネーロルチェンテ◎ 穴はディープメロディー☆

火曜の大井は3歳牝馬による準重賞・桃花賞が行われます。東京2歳優駿牝馬組と別路線組、さらには南関東組と門別出身組が入り乱れて難解な一戦。昨年は三連単500万馬券が飛び出しまして大変なことになりました。今年も一長一短のメンバーで頭を悩ませそうです。大井のマイルをどう捌くが勝敗のカギとなりそう。ひとまず仕分けで各馬をチェックしていきます。

 

【勝ち負け】なし

南関東の有力馬はだいたいユングフラウ賞から桜花賞というローテーションだと思います。実績馬は不在で、本命視される馬はいない雰囲気ですね。

 

【嵌まれば一発】①カラースキーム⑥ネーロルチェンテ⑬エンジェルパイロ

①カラースキームは前走馬なりで圧勝。ノーザンファーム出身、相手大幅強化ですが最内を生かせば。ただスピードが勝っている馬で、本来はスプリンターなのかも。⑥ネーロルチェンテは前走スタートで若干遅れたのち、直後に挟まれて前方でつまずいた馬のあおりを受ける形。スムーズに内の好位に潜り込めれば。⑬エンジェルパイロはスピードでは断トツの存在だと思います。問題は距離ですね。

 

【安定型】⑦サブノアカゾナエ

前走も穴馬で推奨したのですが、どんな相手でも堅実に走ってきます。ローレル賞は不利があったので度外視、ここも自分の力は出してきそう。

 

【展開次第で複勝圏】②アースエヴェリーナ③カナヒタル④ディープメロディー⑧ティーズリープ⑨アクアリーブル⑪ティアラレッド⑫マッドシティ⑭マヒカルナ⑮フェアウィンド

どの馬も一発屋の雰囲気がありますね。明け3歳牝馬の中堅たちの戦いですし、展開ひとつで台頭もありそう。やはり内枠の方が怖いですかね。

 

【危険な人気馬】⑤グレイスフルダンス

中央時代に芝の未勝利戦を2度2着。そのうちの1回は森泰斗とのコンビで相性も良いです。問題はやはり移籍初戦で初ダート。血統的にも若干疑問ですし、この枠で砂をかぶってどうなるか心配。

 

【苦戦必至】⑩ジャギーチェーン

他の馬と決定的に差があるわけではないですが、馬券圏内には厳しいですかもしれません。

 

まとめ

どの馬にも不安要素満載。ある程度決め打って、伸るか反るかの買い方で攻めるしかないですね。私は、展開的に内の短距離系の先行馬の後ろに入れる馬がいいかなと思いまして、前走不利もあった⑥ネーロルチェンテを再度本命にしたいと思います。

 

内の好位さえ取れればしぶとい馬。門別でも内をついての好走が目立ちました。今回は内に先行しそうな①カラースキーム③カナヒタルがいて、④ディープメロディーは後ろに下げそう。あとは②アースエヴェリーナ⑤グレイスフルダンスあたりをうまく処理できれば、内々をロスなく立ち回れるはず。そのあたりは帝王・的場がうまく乗ってくれるでしょう。1コーナーを内の3列目以内で回って来れればチャンス。東京2歳優駿牝馬に続いて本命を打ちたいと思います。

 

前走の敗戦で人気も落ちているでしょうし、ここは⑥ネーロルチェンテの単勝・複勝でまずは勝負。そして馬連・馬単1着流しで①カラースキーム④ディープメロディー⑦サブノアカゾナエ⑧ティーズリープ⑬エンジェルパイロへ。この中で特に気になるのは④ディープメロディーですね。

 

前走は距離を伸ばして一変の楽勝。もしかすると大井マイル適性がかなり高い馬なのかもしれません。配当次第で④ディープメロディー複勝と、差し決着を狙って⑦サブノアカゾナエとの馬連・ワイドも押さえたいです。遊びで⑥ネーロルチェンテ⑦サブノアカゾナエ④ディープメロディーの三連複も200円くらい買ってみましょうかね。

 

単勝・複勝 ⑥

馬連・馬単1着固定流し ⑥→①④⑦⑧⑬

複勝 ④

馬連・ワイド ④-⑦

三連複 ④⑥⑦

勝負度 ★★☆☆☆