2020 大井 TCK女王盃 仕分け予想 ひとまずアンデスクイーン◎ アルティマウェポン・サンルイビルに穴気配☆

2020 大井 TCK女王盃 仕分け予想 ひとまずアンデスクイーン◎ アルティマウェポン・サンルイビルに穴気配☆

今週からいよいよ、今年の大井競馬が開幕。今開催のメインは水曜日に行われる牝馬ダートグレード・TCK女王盃です。昨年は森泰斗の圧勝と、的場文男・マルカンセンサーの渾身の最内強襲が決まって大波乱でしたが、今年はどうなるでしょうか。昨年は一年を通して、牝馬ダートグレード戦において地方馬の活躍が目立ちましたし、今回もだいぶ混戦ムード。仕分けでチェックしていきたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

勝ったり負けたりのメンバー。本命不在です。

 

【嵌まれば一発】⑥クレイジーアクセル⑦アンデスクイーン⑨メモリーコウ⑫マドラスチェック

鮮やかにクイーン賞を逃げ切った⑥クレイジーアクセル。今回は別定で55キロですが、昨年のこのレースで5着、レディスプレリュードも4着なら十分勝負になるでしょう。問題はサルサディオーネとの兼ね合い。⑦アンデスクイーンは前走は乗り間違いという感じ。展開ひとつであっさりもあります。⑨メモリーコウは2連勝で重賞挑戦。初大井をこなせるかどうかですね。⑫マドラスチェックは素質だけなら上位なんですが、まだまだアテになりません。砂を被らない外枠ですんなりとレースができれば。

 

【安定型】①ファッショニスタ

デビュー以来非常に堅実に走っていますが、勝ち味に遅い部分もあります。57キロも明らかに不利ですが、大きくは崩れないでしょう。

 

【展開次第で複勝圏】③アルティマウェポン④サンルイビル⑤サルサディオーネ⑪ミッシングリンク

③アルティマウェポンはなぜか大井の1800になるとそこそこ走ります。ここもそこそこでしょう。④サンルイビルは昨年急上昇した上がり馬。もう少し時計を詰めたいところですが、展開と馬場状態次第で一発もあります。⑤サルサディオーネは大井移籍初戦。元々気持ち良く前でレースができないと脆いタイプですから、こちらも流れひとつ。⑪ミッシングリンクは一昨年の勝ち馬。大きくは崩れないでしょうが、馬券絡みにはもう一押し必要かも。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】②エイシンセラード⑧ナムラメルシー⑩トーセンガーネット

注目は⑩トーセンガーネットですが、前走を見るとまだまだ本調子とは言えないのかもしれません。最近のアークヴィグラスの苦戦を見ると、世代のレベルにも疑問が残ります。

 

まとめ

力が接近していますし、先行したい馬も何頭かいます。展開と当日の馬場次第でいくらでも順番は変わってきそう。現段階でどう馬券を買うか決めるのは難しいですが、今のところ本命は⑦アンデスクイーンでいこうと思っています。

 

前走のクイーン賞はかなり後方からの展開。あれは完全にマーフィーの乗り間違いだと思っています。力量差がある地方のダートグレード戦で、あの位置では間に合いません。しかも雨も降って逃げるクレイジーアクセルには楽な展開。それでも最後は外から追い込んで2着とは僅差の競馬。今回は経験豊富なルメール騎乗、直線の長い大井も昨年レディスプレリュードで勝っていますしプラス材料。あとはクレイジーアクセルとサルサディオーネがやり合ってくれればレースはかなりしやすいかと思います。ひとまず中心で考えたいです。

 

本来なら①ファッショニスタが双璧の実力の持ち主ですが、こちらは斤量の57キロが不安。無様なレースにはならないでしょうが、元々詰めの甘さもあるので、何かに足元をすくわれる可能性はありそう。そのあたりが馬券的な妙味でしょうか。

 

ここはちょっと穴っぽく買って遊んでみたいです。三連複フォーメーションで、1頭目に⑦アンデスクイーン、2頭目はなんと③アルティマウェポン④サンルイビル、3頭目にその他①ファッショニスタ⑤サルサディオーネ⑥クレイジーアクセル⑨メモリーコウ⑪ミッシングリンク⑫マドラスチェックへ。昨年のマルカンセンサーのような、地方馬の差しの一撃に期待です。

 

③アルティマウェポンはとにかく大井の1800は得意。一昨年のレディスプレリュードで3着、昨年のレディスプレリュードも大外からメンバー最速の脚を見せました。ファッショニスタとは0.8差でしたが、当時は55キロの同斤。今回はアルティマウェポンが54キロで、ファッショニスタが57キロ。3キロ差があれば逆転もあるかなと思います。④サンルイビルも目下の調子の良さに期待。前走の着順は通ったコースの差。勝ちに等しい内容でした。どちらも人気はないでしょうし、前が止まってくれれば。内差しが効く馬場ならさらに魅力的ですね。

 

三連複フォーメーション ⑦-③④-③④①⑤⑥⑨⑪⑫

勝負度 ★★☆☆☆