2020 高知 大高坂賞 仕分け予想 スピード重視でツクバクロオー&サクラレグナム◎○

2020 高知 大高坂賞 仕分け予想 スピード重視でツクバクロオー&サクラレグナム◎○

日曜の高知は大高坂賞が行われます。おそらく去年も書いたかと思いますが、「おおたかさ」と読みます。今年は大井に移籍したケイマこそいませんが、高知のトップクラスが揃いました。ただ前走高知県知事賞を使った馬も多く、2400戦から1400戦と、距離が一気に1000短縮するということで、力関係が変わってきそうです。そのあたりを仕分けでチェックしていきましょう。

 

【勝ち負け】⑦サクラレグナム

全国を渡り歩く、高知が誇るスプリンター。ケイマがいなくなり、またトップの座に返り咲いた感じでしょうか。前走はダートグレードで3着。別定ですが、ここもまずは中心でしょう。

 

【嵌まれば一発】⑤ツクバクロオー⑧スペルマロン⑩モルトベーネ

⑤ツクバクロオーは県知事賞で大逃げ。最後はバタバタでしたが3着は確保しました。中央時代も1200あたりで活躍していただけに、距離短縮は大きなプラス。⑧スペルマロンは県知事賞勝ちですが、1400でも対応可能。⑩モルトベーネは県知事賞で今ひとつの結果。ベストは中距離かなと思うので、1400がどちらに出るか。3走前にタービランスに勝っているのはやはりインパクトがありますね。

 

【安定型】②ウォーターマーズ

毎度おっつけ通しながら崩れないこの馬。1400戦はいつも忙しい印象ですが、それでも最終的には上位に食い込んできます。ただ勝つためには前が止まってくれないと厳しいでしょう。

 

【展開次第で複勝圏】③マイネルサリューエ⑥マイネルトゥラン⑨ピオネロ

③マイネルサリューエはスピードがありますし、ケイマを物差しにすれば戦えないこともない馬。⑥マイネルトゥランは取消明けな上に、ちょっとこの距離は短い感じ。ただ永森騎乗は不気味。⑨ピオネロは中央実績から考えれば物足りないレースか続いています。距離も短い印象で、乱ペース待ちでしょうか。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①エーブインブレム④グローリング

かなりハイレベルな一戦で、ここでは家賃が高そう。

 

まとめ

1400の距離適性でいけば、やはり⑦サクラレグナムの実績が上位。あとは⑤ツクバクロオー⑧スペルマロンが有力ですが、この距離なら今回は⑤ツクバクロオーのスピードを上に取りたいですね。⑦サクラレグナム⑤ツクバクロオーにしぼって買いたいと思います。

 

三連単フォーメーションで1着2着を⑤ツクバクロオー⑦サクラレグナムの裏表3着に⑧スペルマロン、そして1400のオープン特別で6着の経験がある⑩モルトベーネ、そして永森の⑥マイネルトゥラン、一応最後に②ウォーターマーズ③マイネルサリューエも軽く押さえます。

 

他にガリガリに飛ばしそうな馬もいないので、基本的には⑤ツクバクロオーのペースになって意外とペースは落ち着くかなと思います。そうなれば⑤ツクバクロオー⑦サクラレグナムがそのままスピードで流れこむはず。できれば⑤ツクバクロオーが逃げ切ってくれると配当的には美味しいですね。少しでも配当が高くなるといいんですが。

 

三連単フォーメーション ⑤⑦→⑤⑦→⑧⑩⑥②③

勝負度 ★★☆☆☆