2019 船橋 クイーン賞 仕分け予想 ハンデを味方にクレイジーアクセルの逃げ◎ 馬場も前残り傾向?

2019 船橋 クイーン賞 仕分け予想 ハンデを味方にクレイジーアクセルの逃げ◎ 馬場も前残り傾向?

12月、今年最後の船橋開催のメインは、水曜に行われるダートグレード・クイーン賞。やはり中心は中央馬たちだと思いますが、このレースに関してはハンデ戦でもあるので、毎年馬券圏内に食い込んだ地方馬が穴を開けたりします。今年も思わぬ惑星に注意が必要ですね。ひとまず仕分けと参りましょう。

 

【勝ち負け】③アンデスクイーン

前走のJBCクラシックは牡馬相手に完敗でしたが、その前の牝馬ダートグレードは連勝。斤量は1キロ増えますがマーフィー騎乗で有力です。ただ一昨年のこのレースで先行して惨敗しているのが気になるところ。当時と今では馬が違いますからそんなに崩れないでしょうが。マーフィーが脚をためられるかですね。

 

【嵌まれば一発】⑦ラインカリーナ⑩プリンシアコメータ

⑦ラインカリーナは古馬相手のここ2戦もまずまずの内容。前々走負けたアンデスクイーンとの斤量差が同斤から2キロ軽くなるので逆転もありえそうです。⑩プリンシアコメータはスムーズに運べるかがすべて。過去のクイーン賞で一昨年快勝、昨年惨敗という結果が象徴的です。

 

【安定型】①クレイジーアクセル

どこに入れるかで悩みましたが、TCK女王盃5着・レディスプレリュード4着という成績を評価してこちらに。内枠で52キロは魅力。徹底先行に期待です。

 

【展開次第で複勝圏】④オルキスリアン⑧アルティマウェポン⑨ミッシングリンク⑩トーセンガーネット

④オルキスリアンは船橋専用馬。昨年3着と同じ51キロなら。一方⑧アルティマウェポンは大井向きではありますが、前走のレディスプレリュードが上がり最速。こちらも51キロで流れが向けば3着なら。⑨ミッシングリンクは少しジリっぽい印象。他の地方馬に比べて斤量の恩恵が少ない53キロも若干不利ですが、うまく立ち回れば。⑩トーセンガーネットは今回JRA馬として参戦。今年の南関東3歳牝馬のレベルは決して高くなさそうですが、52キロで久々の左海騎乗で変わり身期待。

【危険な人気馬】なし

【苦戦必至】②ナムラメルシー⑤ナラ⑥スターレーン⑫ナムラアヴィ

かなり厳しそうです。②ナムラメルシーがちょっと気になりますが、牝馬ダートグレードで格下の地方馬が穴を開けるパターンは無欲の追い込みが多いので、先行タイプのこの馬ではなかなかハードルは高いですかね。

 

まとめ

ここは思い切って①クレイジーアクセルの玉砕逃げに期待したいです。過去にダートグレードではエンプレス杯以外はすべて掲示板圏内と健闘。グランダムジャパンを制して今が最充実期。前走の13キロ増は成長の証でしょう。多少のオーバーペースで逃げても最後までしぶとい馬で、むしろハイペースになった方が魅力。月曜の船橋を見ると前が止まらない傾向で、それが水曜も継続されればさらにチャンス。52キロなら粘り込みもありと見て軸にしたいと思います。

 

①クレイジーアクセルの単勝と、馬連流しで③アンデスクイーン⑦ラインカリーナ⑩プリンシアコメータへ。そして三連複フォーメーションで1頭目①クレイジーアクセル、2頭目③アンデスクイーン⑦ラインカリーナ⑩プリンシアコメータ、3頭目にその他④オルキスリアン⑧アルティマウェポン⑨ミッシングリンク⑩トーセンガーネットへ。とにかくびゅんびゅん逃げてほしいです。

 

単勝 ①

馬単マルチ流し ①⇄③⑦⑩

三連複フォーメーション ①-③⑦⑩-③⑦⑩④⑧⑨⑩

勝負度 ★★★★☆