2019 笠松 笠松グランプリ 仕分け予想 内でロスなく走れれば…ソイカウボーイ◎

2019 笠松 笠松グランプリ 仕分け予想 内でロスなく走れれば…ソイカウボーイ◎

木曜は笠松最大のレース、笠松グランプリが行われます。今年もかなりの好メンバーが揃いましたね。またしてもラブバレットが岩手の事件の影響で回避せざるを得なくなったのは本当に残念。ここにラブバレットがいたら、すごいことになっていましたけどね。ひとまず仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】⑫ケイマ

高知移籍後6連勝で、前走名古屋遠征でも勝利。元々中央準オープンの実力馬。問題は前が速くなって番手の競馬になった時。前走がスローペースで楽逃げだっただけに、激しい流れになった時にどうなるかですね。危ない部分もあると思ってます。高知のレースで反応が鈍い時があったので、不安もあります。

 

【嵌まれば一発】③ストーミーワンダー⑤アドマイヤムテキ⑧ナチュラリー⑨エイシンエンジョイ

超強力メンバー。③ストーミーワンダーは前走スローで持ち味を生かせず。マイルがベストな印象ですが、地元笠松で一変しても。⑤アドマイヤムテキは中央1勝クラスから移籍して3連勝。タイムも速いですが、今回は同型との兼ね合いと、主戦の岡部が騎乗停止になった点が気になる材料。⑧ナチュラリー⑨エイシンエンジョイは園田の短距離戦線のライバル同士。どちらもスピードがあり、流れひとつ。

 

【安定型】②ソイカウボーイ

前走の名古屋は展開が向かず。今回はペースが速くなりそうで、速い馬を見てレースができる強みがあります。長期休養から叩き3戦目で上昇度も期待できそう。

 

【展開次第で複勝圏】④ストロングハート⑩ウインハピネス⑪メモリーフェーブル

④ストロングハートは復帰してから奮いませんが、実績では上位。状態次第ですね。⑩ウインハピネスは今年の成長株ですが、少し時計面で劣るかも。⑪メモリーフェーブルはおそらく最後方グループからレースを進めそう。一発追い込みがあるかどうか。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①ゴールドリング⑥ヴェゼール⑦エイシンテキサス

名古屋に復帰した①ゴールドリングは春の成績なら通用していいですが、ダービー前から調子を崩しているのは明白。ここ2レースを見ても、まだまだ時間がかかりそう。⑦エイシンテキサスもこの相手で1400では厳しそう。

 

まとめ

快速⑦エイシンテキサスに園田の⑧ナチュラリー⑨エイシンエンジョイ、それを外から⑫ケイマが追いかける展開なら、ゴールド争覇とは真逆のハイペースになりそうな予感。そして今の笠松は去年に比べて若干時計がかかっているような印象。後ろも届きそうな馬場ではあります。

 

本命は②ソイカウボーイ。速い流れをこの枠ならロスなく追走できそう。成績だけ見ると先行抜け出しタイプですが、末脚はしっかりしている馬。前がやり合ってくれればチャンスでしょう。理想は1コーナーで内の5番手くらいですかね。去年の楠賞ではワークアンドラブを問題にしなかった馬。叩き3戦目、吉村とのコンビも2回目。力を発揮できれば。

 

まず②ソイカウボーイの単勝。そして馬連流しで、相手は③ストーミーワンダー④ストロングハート⑤アドマイヤムテキ⑧ナチュラリー⑨エイシンエンジョイ⑩ウインハピネス⑪メモリーフェーブル、そして⑫ケイマ⑫ケイマが来たらガミりますから、ある程度調整して元が取れればいいかなと思ってます。一応相手で期待しているのは③ストーミーワンダーですかね。笠松でペースが流れてくれれば。

 

単勝 ②

馬連流し ②-③④⑤⑧⑨⑩⑪⑫

勝負度 ★★★☆☆