2019 川崎 ロジータ記念 仕分け予想 ハイラップでシャイニングアカリの粘りこみ希望◎ グランモナハート☆

2019 川崎 ロジータ記念 仕分け予想 ハイラップでシャイニングアカリの粘りこみ希望◎ グランモナハート☆

水曜の川崎は3歳牝馬のS1・ロジータ記念が行われます。南関東の秋華賞とも言えるこの一戦ですが、今年は春のクラシック上位馬がほとんど出走しないという異常事態。メンバー的には重賞と呼んで良いのか、というかなり大人しいメンバーになってしまいました。前哨戦も大荒れでしたし、これは難解ですよ。ひとまず仕分けてみますけども。

 

【勝ち負け】なし

もしトーセンガーネットがいたら楽勝でしたが中央入りしてしまいましたし、アークヴィグラス・グレースレジーナが前哨戦で大惨敗で回避。本当に何が勝つんでしょうね。

 

【嵌まれば一発】①ゼットパッション③ケイティマドンナ⑥リトミックグルーヴ⑨アブソルートクイン⑩サツマキリコ

おそらく一番人気になるのは森騎乗の③ケイティマドンナでしょうか。あのケイティブレイブの妹。中央未勝利では3着まででしたが大井で連勝。いずれも圧勝で、このメンバーなら人気になるでしょうが、ダートの左回りは初めて。さらに距離延長がどう出るか。①ゼットパッションは唯一の重賞勝ち馬で、内枠も得意ですが秋競馬の内容が悪すぎるのが困ったところ。⑥リトミックグルーヴも素質では一番ですが、こちらも前走が不甲斐ない内容。叩いて変わるか。⑨アブソルートクインは文字通り嵌まると一発のある馬。前走は前に行った組の中では頑張っています。⑩サツマキリコは前哨戦で嵌まった感じの勝利でしたが、フジキセキの近親で元々素質はある馬。メンバーもさほど変わらないのでここも注目です。

 

【安定型】⑪シャイニングアカリ

比較的安定していますし、距離経験も豊富。道中の機動力もありますし信頼できますが、デビュー以来上がりが40秒を切ったことがなく、直線で甘くなる印象。重賞級かとなると疑問ですが、このメンバーなら。

 

【展開次第で複勝圏】②メルシーサンサン④キタサンベッキー⑤グローリアスライブ⑦ジョースイーツ⑧グランモナハート

他の馬すべてです。これはしょうがないですね。距離的には②メルシーサンサン④キタサンベッキーが良さそう。⑤グローリアスライブも脚をためられれば意外と長距離戦もいけるかもしれません。⑦ジョースイーツは一本調子なだけに御神本がどうさばくか。⑧グランモナハートも堅実で3着くらいならありそう。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】なし

 

まとめ

三連単が118万馬券となったサルビアカップはアークヴィグラス・グレースレジーナが直線を待たずに一杯。⑩サツマキリコが一頭抜けた末脚を披露して鮮やかに勝ちましたが、ただレースタイムは昨年のサルビアカップより2秒遅く、昨年は好メンバーだったものの良馬場でしたし、今年は重馬場だったことを考えると、レースレベルに疑問を感じざるを得ません。

 

ただそのサルビアカップ組が11頭中7頭で、他の馬も条件クラスの馬で大差はないでしょう。結局当日の馬場・展開・ジョッキーの判断力で着順は決まるんですかね。そうなると、総合的に判断して、一番信頼できそうなのは⑪シャイニングアカリかなと思います。

 

ワンペースで一瞬の脚がない馬。とにかく4コーナーで先頭に立ってアドバンテージが欲しいタイプ。その点、前回同様動きやすい大外を引いているのは好材料。前回は中盤のラップが緩まず、前の馬には苦しい展開を自分で動いて、最後方待機の2頭に差されたものの3着と健闘。ただあの展開が理想で、スローのよーいドンが一番まずい馬です。騎手もわかっているでしょうし、今回も同じようなペースに持ち込むしかないでしょう。粘りこみを期待して軸にします。

 

そうなると、他の先行勢はまた辛くなるんじゃないでしょうかね。相手は差し・追い込みで行きたいです。まずは⑩サツマキリコ、さらに叩いた④キタサンベッキー、本田の3着を期待して⑧グランモナハート。配当的には⑧グランモナハートが魅力ですかね。この3頭へ馬連・ワイド、そして三連複フォーメーションを買ってみます。三連複フォーメーションの3頭目は総流しで爆発を狙います。

 

注目の③ケイティマドンナは、もちろんあっさりもあるでしょうがリスクもありますね。そう簡単ではないと思ってます。

 

馬連・ワイド流し ⑪-④⑧⑩

三連複フォーメーション ⑪-④⑧⑩-総流し

勝負度 ★★★★☆