2019 川崎 ローレル賞 仕分け予想 ブロンディーヴァの自在性◎ 相手は差し勢で穴を拾いたい☆

2019 川崎 ローレル賞 仕分け予想 ブロンディーヴァの自在性◎ 相手は差し勢で穴を拾いたい☆

火曜の川崎は来年を占う2歳牝馬重賞・ローレル賞が行われます。今年も北海道から強豪2頭が参戦。南関東勢との力の比較がなかなか難しいところ。素質馬も多く注目の一戦、さっそく仕分けてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

力関係、展開両面から見て混戦。小回り川崎で枠順も影響を与えそう。本命不在ですね。

 

【嵌まれば一発】①プリモジョーカー④スティローザ⑩ブロンディーヴァ

北海道から参戦の①プリモジョーカーは、北海道で常にハイレベルなレースを続けてきました。スピードがあり、1番枠からすんなり行けるようなら脅威になりそう。ただ左回りは未知。④スティローザは前走牡馬相手の鎌倉記念は自分の競馬ができず大敗。ただ逃げられた時は2走前・3走前のように強い馬。こちらもすんなり行けるかどうか。⑩ブロンディーヴァは門別から川崎に移籍して2戦目の前走が強い内容。馬格があり、キャロット×ノーザン。一戦ごとに成長している感じで怖い存在。

 

【安定型】⑥バブルガムダンサー

毎戦安定しているものの、ここに来てズブさが目立つ現状。森騎乗も2度目で上がり目もありそうで、崩れることもなさそうですが、反面勝ちきるとなるとどうでしょう。

 

【展開次第で複勝圏】②トキノカナエル③ハセノワールド⑤ルイドフィーネ⑦ミナミン⑧ノラ⑨クレセントアーチ⑪アートムーヴメント⑫サブノアカゾナエ⑬トキノノゾミ⑭マッドシティ

好素質馬が多く、なかなか絞り切れないメンバー。全馬ということにしました。有力馬の凡走の数によって食い込みの可能性が増えてきます。②トキノカナエル③ハセノワールドはいろいろと未知数。ただ枠はいいので、うまく流れに乗れれば。⑤ルイドフィーネは前走ブロンディーヴァにちぎられましたが、休み明けを考えれば上々の内容。コース実績も評価したいですね。⑦ミナミンは鎌倉記念の末脚が脅威で、さらに赤岡鞍上となれば触手が伸びますね。⑧ノラ⑪アートムーヴメントは勝ったり負けたりの関係。⑧ノラは逃げ戦法だけに同型が多いここは厳しいでしょうか。⑪アートムーヴメントは前を見て運べる分、流れ一つで台頭もありそう。⑨クレセントアーチ⑭マッドシティは前が止まれば。⑫サブノアカゾナエ⑬トキノノゾミは爆発力はないですが、川崎所属の山崎・酒井がそれぞれうまく立ち回れば3着くらいならというところ。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】なし

 

まとめ

かなり難しいメンバー。紛れがありそうな川崎マイルですし、展開も速い馬が多く、流れによって前残りや全馬バテバテなど、様々なパターンがありそう。展開を決め込んで、ジョッキーなどで買うのもありかも。

 

その中で⑩ブロンディーヴァは前走で先行して勝ち、その前の特別では差して3着。門別では1200戦で差していますし、いろいろなレースに対応しています。落ち着いた流れなら前、速い流れなら差しなど自在性もありそうですし、そういう立ち回りができるジョッキー・御神本鞍上は魅力。先週の大井でも絶好調、ここはその勢いに乗っかって中心に据えたいと思います。一番人気になってしまいますかね。北海道勢がいるので割れるとは思うのですが。

 

⑩ブロンディーヴァからまず馬連・ワイドで。相手は差し競馬と読んで、⑥バブルガムダンサー⑦ミナミン⑪アートムーヴメント⑥バブルガムダンサーはしぶといですし、前が止まれば順番が回ってきます。⑦ミナミンは前走で最後いい伸び。なんと言っても赤岡乗り替わりは怖いですね。⑪アートムーヴメントは前走脚をためる競馬で快勝。こちらもキャロット×ノーザンですし、本田も後ろから3着を拾ったりするケースが多い騎手なので期待できそう。

 

さらに三連複フォーメーションで穴狙い。1頭目⑩ブロンディーヴァ2頭目に⑥バブルガムダンサー⑦ミナミン⑪アートムーヴメント3頭目にはその他、⑨クレセントアーチ⑫サブノアカゾナエ⑬トキノノゾミ⑭マッドシティへ。和田・山崎・酒井・本橋ということで、何かやってくれそうな面々です。穴馬がすっと3着に飛び込む展開に期待。

 

馬連・ワイド流し ⑩-⑥⑦⑪

三連複フォーメーション ⑩-⑥⑦⑪-⑥⑦⑪⑨⑫⑬⑭

勝負度 ★★★☆☆