2019 京都 マイルCS 仕分け予想 内で徹底先行願って、グァンチャーレ◎

2019 京都 マイルCS 仕分け予想 内で徹底先行願って、グァンチャーレ◎

日曜の京都はマイルCS。今年はフレッシュなメンバーが揃いましたし、ジョッキーも豪華。デットーリを欠いているのは残念ですが、すでに来日して大活躍のスミヨン・マーフィーに加え、ムーア・ビュイックも来日。世界の名手が集まりました。彼らによって馬がどう替わるのかも見ものですが、ひとまず馬の方の仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

好メンバーで群雄割拠な今年のマイルCS。人気は両ダノンに集まりそうですが、他にも魅力的な馬も多く混戦ですね。

【嵌まれば一発】①ダノンキングリー⑤インディチャンプ⑭ダノンプレミアム

毎日王冠を豪快に差し切った①ダノンキングリー。主戦の戸崎が落馬負傷で横山典に乗り替わり、1枠、距離短縮とハードルは多いだけに絶対視はできません。春のマイル王・⑤インディチャンプはその毎日王冠でダノンキングリーに完敗でしたが、明らかに最後の1ハロンで脚が上がった感じ。叩き2戦目で満を持してのこのレース。ただ福永騎乗停止が痛いところ。⑭ダノンプレミアムは春に同じコースのマイラーズCを勝利。安田記念は若さを出して大敗でしたが、前走の天皇賞はさすがの2着。ここでも当然主力候補です。

【安定型】②グァンチャーレ⑦ペルシアンナイト⑩アルアイン⑫モズアスコット

自分の力を確実に発揮しそうな馬を並べてみました。②グァンチャーレは7歳の今が最充実期。前走のスワンSを叩いて、得意の京都マイルなら。⑦ペルシアンナイトは一昨年の勝ち馬で昨年も2着。鞍上のマーフィーも魅力。⑩アルアインは昨年3着。だいぶズブくなっているので、今マイルに対応できるかどうかが課題。⑫モズアスコットは昨年の安田記念勝ち当時の状態とは行かないまでも、だいぶ復活してきた感じ。展開ひとつ。

 

【展開次第で複勝圏】③マイスタイル⑤フィアーノロマーノ⑧プリモシーン⑨クリノガウディー⑪カテドラル⑮ダイアトニック

こちらも面白いメンバー。人気どころの凡走待ちではありますが、流れ次第で台頭もありえます。前残りなら③マイスタイル⑤フィアーノロマーノ、瞬発力勝負なら⑧プリモシーン⑪カテドラル⑮ダイアトニック⑨クリノガウディーも前走は不利があり、挽回してくる可能性があります。

【危険な人気馬】なし

強いてあげれば①ダノンキングリーでしょうか。ただちょっとリスクがあるというだけで、あっさり勝ってしまう可能性もありますが。

【苦戦必至】④レッドオルガ⑬タイムトリップ⑯エメラルファイト⑰レイエンダ

少しパンチ不足ですし、外目の枠の馬はさらに不利ですね。

 

まとめ

最近のマイルCSは落ち着いた流れになりやすく、直線大混戦でゴールするケースが多いですね。そして時計も33秒台決着が多く、先週までの京都の馬場を考えても、今年も時計勝負にはならない可能性が高そう。直線までいかにロスなく立ち回るか、というのが勝負の分かれ目でしょう。

 

私の本命は思い切って②グァンチャーレでいきます。前回のスワンSも本命だったのですが、残念ながら後方からのレースとなり良さを生かせず5着。それでも最後鋭く伸びていましたし、目下の充実ぶりを感じる内容。今回は叩いて1F延長。枠順的にも積極的なレースをしてくれるはず。京都のマイルは相性がいいですし、安田記念だけ走れば十分勝負になるはず。逃げる③マイスタイルの後ろか、何なら自ら逃げてしまってもいいと思います。これだけ人気がなければ買うしかないと思い、複勝軸で勝負したいと思います。

 

まず②グァンチャーレの複勝を厚く買いたいです。さらにワイドで②グァンチャーレから③マイスタイル⑤インディチャンプ⑦ペルシアンナイト⑨クリノガウディーへ流し。そして三連複フォーメーションで穴を狙って、1頭目に②グァンチャーレ、2頭目に③マイスタイル⑤インディチャンプ⑦ペルシアンナイト⑨クリノガウディー、3頭目にその他、⑧プリモシーン⑪カテドラル⑫モズアスコット⑮ダイアトニックへ。まず複勝勝負で、あとは面白いところが引っかかってくれると嬉しいですね。

 

複勝 ②

ワイド流し ②-③⑤⑦⑨

三連複フォーメーション ②-③⑤⑦⑨-③⑤⑦⑨⑧⑪⑫⑮

勝負度 ★★★☆☆