2019 園田 楠賞 仕分け予想 リンゾウチャネルの相手探し。相手は差し勢、永森アンタエウスが穴☆

2019 園田 楠賞 仕分け予想 リンゾウチャネルの相手探し。相手は差し勢、永森アンタエウスが穴☆

木曜、園田では昨年復活した3歳重賞・楠賞が行われます。今年はすごい馬が参加してくれました。時間がないので、さくっと仕分け予想してみます。

【勝ち負け】⑪リンゾウチャネル

9年ぶりに誕生した道営3冠馬。昨年の園田ジュニアグランプリで中央馬やトーセンガーネットと接戦の5着。コース経験もあり、前走もほぼ持ったままの楽勝。ここは負けられないところ。

 

【嵌まれば一発】なし

他の馬で、打倒リンゾウチャネルという存在はいないでしょう。

 

【安定型】⑧ジンギ

ここ3戦は勝負所でもたもた。それでも大きくは崩れていませんし、中距離の瞬発力勝負よりはこのくらいの距離の方が合うのかも。ひとまず大きくは負けないかなと思うので、こちらにしました。

 

【展開次第で複勝圏】②アルネゴー③チャービル④ユノートルベル⑤ヒストリコ⑥フォルベルス⑦サンライズハイアー⑨セブンマイル⑫アンタエウス

かなり混戦模様で実力に差はないです。西日本ダービー馬の高知②アルネゴーは捲りが身上。高知とコース形態が似ている園田で持ち味を生かせれば。③チャービルも乱戦には強いタイプで3着なら。④ユノートルベルは少し距離が短いかもしれません。⑤ヒストリコは好位で気持ちよくレースができるかどうか。大井⑥フォルベルスは短距離戦で堅実な末脚。園田の馬場が合えば。⑦サンライズハイアーは移籍初戦を好時計勝ちして魅力ですが、今回は各馬の目標にされそう。⑨セブンマイルも最後にひと脚使えるタイプ。名古屋⑫アンタエウスは久々の1400で永森乗り替わりが不気味。外枠も良さそう。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①アリアナティー⑩アヴニールレーヴ

①アリアナティーは1月以来。個人的に好きな馬ですが、能力試験の数字を見る限りここは静観が打倒。⑩アヴニールレーヴは同型も多く、ここではスタミナ切れしてしまいそう。

 

まとめ

⑪リンゾウチャネルに逆らう必要はなさそうです。北海道で4連勝したリンノレジェンドのその後の活躍を見ても、この馬のポテンシャルの高さがわかります。今年の地方の3歳の中では南関東3強と肩を並べる馬だと思いますね。園田コースは1回走っていますし、外枠もレースがしやすそう。道営記念を蹴って、まずはここで1着賞金1000万を確実に取りに来た印象。負けられません。

 

ここは三連単フォーメーションでいきたいです。メンバーを見るとなかなか速い馬が多くて、そこにリンゾウチャネルが加わるとなれば、前に行く馬はかなり厳しい展開になりそう。

 

ここは2着に差し馬と決め打って、②アルネゴー⑥フォルベルス、そして⑧ジンギ。さらに永森に乗り替わりの⑫アンタエウスの変わり身に少し期待してみます。

 

三連単フォーメーション1着⑪リンゾウチャネル2着に②アルネゴー⑥フォルベルス⑧ジンギ⑫アンタエウス3着にその他、③チャービル④ユノートルベル⑨セブンマイルへ。配当的には⑫アンタエウスが魅力ですかね。⑦サンライズハイアーが来てしまったらお手上げです。前走好時計でしたが、他のレースも時計が速かったですからね。過信はできません。

 

三連単フォーメーション ⑪→②⑥⑧⑫→②⑥⑧⑫③④⑨

勝負度 ★★★☆☆