2019 名古屋 東海菊花賞 仕分け予想 キングニミッツ叩き3戦目で◎

2019 名古屋 東海菊花賞 仕分け予想 キングニミッツ叩き3戦目で◎

木曜は2つの重賞が組まれている地方競馬。どちらも興味深いメンバーですが、まずは名古屋の東海菊花賞を取り上げます。今年も各地から遠征馬が集結しましたが、特に南関東が強力。なんとG1馬・ディアドムスが参戦。さらに佐賀のグレイトパールもいて、中央の重賞ウイナー2頭が出走するという豪華版。ただ馬券的にはなかなか難解。頑張って仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

実績馬揃いですが、若干峠を越している馬が多くスキはあるような気がします。遠征勢は名古屋1900に対応できるかどうかも未知数ですから、ひとまずここは空欄でいきます。

 

【嵌まれば一発】⑦キングニミッツ⑨グレイトパール⑩ディアドムス⑪エイシンセラード

船橋⑦キングニミッツは叩き3戦目。ここ2戦は差をつけられたものの、強敵相手で掲示板には入っていますし、上積み次第でチャンスがありそう。佐賀⑨グレイトパールは地元では敵なし。勝負所でもたもたする面はあるので、ここも2周目3コーナーあたりからが鍵。大井⑩ディアドムスは地方実績では最上位。ただ、ここ3戦がどうもぴりっとしないだけに状態が気になるところ。⑪エイシンセラードは前走で楽勝。今年春には中央準オープン勝ち。こちらも状態が戻っていればあっさりまである馬です。

 

【安定型】なし

他の馬では能力的に足りない感じ。凡走を待つしかないですかね。

 

【展開次第で複勝圏】①タンクティーエー③ポルタディソーニ

3歳馬金沢①タンクティーエーはさすがにこの相手では厳しいでしょうが、1枠ですんなり先行できるようなら若干チャンスが出てくるかも。③ポルタディソーニも同様ですね。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】②ジューンシェイカー④メモリージルバ⑤サンデンバロン⑥キクノソル⑧メモリーソニック⑫ヨミ

一般の重賞であれば穴候補に挙がるような馬たちですが、今回はちょっと相手が揃いすぎました。

 

まとめ

有力どころが少しずぶいタイプが多い印象。ひとまず前々でレースを進められる馬を中心に買いたいですね。本命は⑦キングニミッツで。

 

9ヶ月ぶりの日本テレビ盃は3着のノンコノユメからだいぶ離された4着。前走もディアレルレイの圧勝から2.8秒差の3着。ただ前走に関しては、ディアレルレイが圧勝しただけで、2着のセンチュリオンとは3馬身差。そのセンチュリオンがJBCクラシックで3着でしたから、まずまずの内容と言えそう。何より叩いて良くなってきてますし、今回は鞍上に吉原を器用。好位からレースができれば大きく崩れないかなと思いました。

 

⑦キングニミッツから馬単マルチ⑨グレイトパール⑩ディアドムス⑪エイシンセラードに加えて、名古屋実績から③ポルタディソーニへ。

 

⑨グレイトパールは大きく回れる佐賀コースだと強いですが、ある程度コンパクトに回らないといけない名古屋ではなかなか難しい部分もありそう。⑩ディアドムスが本当なら楽勝なんですけどね。⑪エイシンセラードはスンナリいけるかどうか。③ポルタディソーニはこの距離で夏にタガノゴールドに勝っていますからね。嵌まると怖い馬です。

 

馬単マルチ流し ⑦⇄⑨⑩⑪③

勝負度 ★★☆☆☆