2019 浦和 JBCクラシック 仕分け予想 抜群の安定感・チュウワウィザード◎ ワークアンドラブの一発にも期待☆

2019 浦和 JBCクラシック 仕分け予想 抜群の安定感・チュウワウィザード◎ ワークアンドラブの一発にも期待☆

JBCデーのメインレースであるJBCクラシック。コースは浦和記念と同じ2000で行われます。メンバーを見ると、かなりメンバーが揃った浦和記念という印象ですね。帝王賞の1着2着が出てきてくれました。やはりこの2頭中心に予想しなければならないレースだと思いますが、多少穴っぽい要素もありそうなレースだと思います。ひとまず仕分けを行いたいと思います。

 

【勝ち負け】⑧チュウワウィザード

依然着外ゼロを続ける超堅実馬。それでいてジリっぽいわけではなく、ねじ伏せるパワーも持っています。地方の小回り・6回コーナーのレースも2戦2勝。非常に欠点が少ない馬だと思います。

 

【嵌まれば一発】③オメガパフューム

G1を2勝していますが、いろいろと注文も多い馬。勝った2回も展開的にはハマった感じもありますし、左回りの3戦がどれも今ひとつだった点も気がかり。6回コーナーも初めてですし、元来叩いて良くなるタイプ。ポテンシャルは上ですが、ここはあくまで【嵌まれば】という認識です。

 

【安定型】⑦アンデスクイーン⑧ロードゴラッソ

どちらも堅実な反面、すぱっと切れない感じですし、6回コーナーも未知数ではあります。堅実には走ってきそうですが、⑧チュウワウィザード③オメガパフュームにしっかり走られると馬券内は残り1枠しか残らないので厳しくなりますね。特にオメガの凡走を待つ感じでしょうか。

 

【展開次第で複勝圏】④ストライクイーグル⑩クインズサターン⑪ワークアンドラブ⑫センチュリオン

④ストライクイーグル⑫センチュリオンは地方ではかなり強い存在ですが、どちらもかなりズブいタイプなので、中央馬がまともに走ったら厳しそうです⑩クインズサターンは少し距離が長いかもしれませんが、6回コーナーでうまく息が入るようなら。瞬発力はありますし、鞍上の矢野も魅力。そして⑪ワークアンドラブですが、前走の強さに驚き。春以降は明らかに不調でしたが、ここに来てグンと成長。グレンツェントとノンコノユメに勝った点も評価できます。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①シュテルングランツ②ナラ⑤マイネルアウラート⑥マインシャッツ

かなり厳しいですね。ただ①シュテルングランツは、また何が何でも逃げる感じでしょう。ペースはこの馬が作りそうです。

 

まとめ

⑧チュウワウィザードは崩れませんし、名古屋グランプリとダイオライト記念で快勝していて6回コーナーにも対応できます。まずはG1タイトルが欲しいでしょうし、ここはそれなりに仕上げてくるはず。まずは中心で行きます。

 

問題は③オメガパフューム。来てしまったらしょうがないですが、前述の通りポカもありそう。直線も長いコースの方が良さそうですし、ここは元取り程度に押さえたいです。

 

⑧チュウワウィザードから三連単1着固定流し。相手は③オメガパフューム⑦アンデスクイーン⑨ロードゴラッソ⑩クインズサターン⑪ワークアンドラブ。この中で特に③オメガパフューム以外の4頭を少し厚めに買いたいです。そして最後におまけで、⑨ワークアンドラブ1着、2着に⑧チュウワウィザードで、3着に他3頭へ流す三連単も遊びで買いたいです。去年の東京大賞典でもそれほど差はなかったですし、前走マイルの速い流れで勝っているだけに、⑪ワークアンドラブは怖いと思います。

 

三連単1着固定流し ⑧→⑦⑨⑩⑪③

三連単1着2着固定流し ⑪→⑧→③⑦⑨⑩

勝負度 ★★★★☆