2019 京都 スワンS 仕分け予想 7歳にして充実!グァンチャーレ◎

2019 京都 スワンS 仕分け予想 7歳にして充実!グァンチャーレ◎

天皇賞ウィークの今週、今年も前日土曜は京都でスワンSが行われます。マイルCSへのステップレースでありながら、1400のスペシャリストも集まる面白いレースです。今年はなかなか掴み所のないメンバーという印象で、おまけに道悪が予想されて難しそう。ざっと仕分けして整理していきたいです。

 

【勝ち負け】なし

絶対的な存在が不在。古豪か新興勢力か。なかなか難解です。

 

【安定型】⑦グァンチャーレ

休み明けですが、仕上がってさえいれば最も安定感のある馬です。安田記念では、あの強力メンバー相手にあわやの4着。昨年のこのレースも3着ですし、あとは状態次第でしょう。

 

【嵌まれば一発】②ノーワン⑥アマルフィコースト⑩モズアスコット⑬キャナルストリート⑮スマートオーディン⑰ダイアトニック⑱セイウンコウセ

1400得意の馬、そしてG1馬を並べてみました。②ノーワンはスプリンターズSでそこそこの内容。内枠で時計のかかる1400は向きそう。⑥アマルフィコーストも春に同じ条件の京都牝馬Sで3着があります。⑩モズアスコット⑱セイウンコウセイはG1馬ですからね。⑬キャナルストリートはデビュー戦以来の右回りが嵌まれば。⑮スマートオーディンも嵌まった時の切れ味は驚異、⑰ダイアトニックは京都1400で4戦4勝。重賞でも好走歴があり、スミヨン騎乗となれば売れるでしょうね。

 

【展開次第で複勝圏】①ロードクエスト⑧マイスタイル⑨トゥザクラウン⑫ムーンクエイク

昨年の覇者①ロードクエストですが、昨年勝って以降は低迷。今回馬場悪化しそうで割引。⑧マイスタイルは1400に対応できるか。⑨トゥザクラウンは休み明けですし、ワンパンチ足りないタイプなのでここまでの評価。⑫ムーンクエイクは長期休養明けですが、京都1400は悪くなさそうな条件。こちらもデキ次第でしょうか。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】③マルターズアポジー④カルヴァリオ⑤キングハート⑪イエローマリンバ⑭タイムトリップ⑯モーニン

1400のG2ではなかなか辛そうなメンバーです。

 

まとめ

ここは⑦グァンチャーレで行きます。シンザン記念勝ちから4年9ヶ月、オープン大将のイメージが定着していましたが、今年のこの馬は一皮向けた印象。マイラーズカップではダノンプレミアムやインディチャンプと互角のレース。安田記念でも正攻法の競馬で、58キロを背負いながら4着。アーモンドアイと0.2秒差の好走で、7歳にしてこの充実ぶりは見事です。今回は休み明けですが仕上がりは良好な様子。道悪も過去に実績がありますし、ここは久々の重賞勝利もありとみました。軸で考えたいです。

 

馬連・馬単1着流しで⑦グァンチャーレから手広く。相手は②ノーワン⑥アマルフィコースト⑩モズアスコット⑬キャナルストリート⑮スマートオーディン⑰ダイアトニック⑱セイウンコウセイ①ロードクエスト⑧マイスタイル⑨トゥザクラウン⑫ムーンクエイクと手広く。クセのある馬ばかりなので、思わぬ穴馬が飛んでくることもありそう。特に厚く買いたいのは条件が揃った②ノーワンでしょうか。52キロで内枠。道悪で時計が1分22秒前後の決着になれば面白いです。

 

馬連・馬単1着流し ⑦→②⑥⑩⑬⑮⑰⑱①⑧⑨⑫

勝負度 ★★★☆☆