2019 盛岡 OROターフスプリント 仕分け予想 スピードとパワーでケンガイア押し切る◎

2019 盛岡 OROターフスプリント 仕分け予想 スピードとパワーでケンガイア押し切る◎

日曜盛岡では芝の1000戦、OROターフスプリントが行われます。土曜は悪天候で芝のレースがダートに変更となってしまった盛岡。日曜は晴れ予報なのでなんとか芝での施行となるはず。ただ道悪は避けられず、予想の上では悩みどころ。ひとまずある程度時計のかかる芝1000戦というところで仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

遠征馬も多く、芝の1000という舞台もオープンではなかなか見られない舞台。ここはひとまず、大本命は不在と見ていいです。

 

【安定型】なし

マイルあたりの距離であれば⑪コスモリョウゲツは信頼できる馬なんですが、今回は1000なのでポカもありそう。評価は下げます。

 

【嵌まれば一発】③サレンティーナ⑥タイセイプライド⑦ケンガイア⑪コスモリョウゲツ⑫ヒシコスマー

③サレンティーナは中央時代は短距離中心。この距離で新味が出るかどうか。門別の⑥タイセイプライド、船橋の⑦ケンガイアは前走のOROカップで前半主導権を握って、最後まで抵抗しました。両馬とも本来の主戦場は短距離戦。スムーズに先行できればさらに着順が上がってきそう。⑪コスモリョウゲツはやはり距離が課題。こなせない条件ではないでしょうが、近走中距離戦が多かっただけに前半置かれないか心配。⑫ヒシコスマーは前走で芝適性を示しました。外枠でスムーズに運べそうですし、距離短縮も魅力。

 

【展開次第で複勝圏】①メイショウブイダン②コスモロングソード⑨ユイノルフィ

北海道の①メイショウブイダンは昨年まで中央準オープンで芝短距離中心に使われてきました。内容は苦戦の連続でしたが、今回時計のかかる盛岡の芝がフィットすれば面白い存在。②コスモロングソード⑨ユイノルフィはどちらも堅実駈けタイプ。芝1000もベストなだけに、乱戦になれば順番が回ってくるかも。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】④エイシンテキサス⑤アイアンクロー⑧ペキノワ⑩ロックオン⑫フィールザスマート

実績では名古屋の④エイシンテキサスですが、芝でこれだけ速い馬が揃うと厳しそうです。その他の馬もスピード負けしそう。

 

まとめ

馬場が悪そうですから、ある程度スピードとパワーを兼ね備えた馬から入りたいですね。そうなれば⑦ケンガイアが一番条件に合います。初芝、しかも初の1700だったOROカップでは強敵相手に果敢に逃げて、最後粘りこんでの4着。今回は得意の短距離戦で、ダートを使われていたパワーがこの盛岡の道悪の芝で生きる気がします。本来番手も効く馬で、鞍上とも今回が2度目。ここは先行して押し切りに期待。

 

⑦ケンガイアから馬連・馬単1着固定流しでいきたいです。相手は③サレンティーナ⑥タイセイプライド⑪コスモリョウゲツ⑫ヒシコスマー①メイショウブイダン②コスモロングソード⑨ユイノルフィと手広く。スタートや馬場適性次第で紛れも十分なのでヒモ荒れに期待したいですね。特に⑫ヒシコスマー①メイショウブイダン②コスモロングソードは配当的に魅力がありそうなので是非頑張ってほしいです。

 

馬連・馬単1着固定流し ⑦→①②③⑥⑨⑪⑫

勝負度 ★★★★☆