2019 浦和 埼玉新聞栄冠賞 センチュリオンの独壇場◎、キャッスルクラウン○、ムサシキングオー☆

2019 浦和 埼玉新聞栄冠賞 センチュリオンの独壇場◎、キャッスルクラウン○、ムサシキングオー☆

JBC前の最後の浦和開催の今週、重賞・埼玉新聞栄冠賞が行われます。重賞ではありますが、スケジュール的な部分と、浦和コースの難しさから毎年あまりメンバーが集まりにくいこのレース。今年も微妙なラインナップですが、本命はどうやら固そうです。ひとまず仕分けを行いたいと思います。

 

【勝ち負け】⑪センチュリオン

地方移籍後、まだ重賞勝ちがありませんが、大井記念と東京記念で2着とハイレベルな戦いを続けています。ここはあまりにもメンバーに恵まれましたし、包まれる心配もない大外枠。さらに地元浦和ということで、まったくスキがないですね。

 

【安定型】なし

他には重賞で勝ち負けできるような馬が見当たらないです。なかなか混戦で、展開と調子が大きな要素となってきそう。

 

【嵌まれば一発】③マイネルアウラート

単穴とも言えるこの項目は、正直「なし」にしようとも考えたのですが、万一ということであえて③マイネルアウラートを入れてみました。初ダートですし距離も長そうですが、すべてこなして単騎逃げの形になれば、昨年のトーセンデュークのような出来事があるかもしれないという、非常に小さな可能性です。センチュリオンがいる以上、普通に考えればかなり厳しいでしょう。

 

【展開次第で複勝圏】①キングニミッツ②カンムル④ロジチャリス⑤キャッスルクラウン⑥ハセノパイロ⑧ディアデルレイ⑨サダムリスペクト⑩ムサシキングオー

ほとんどの馬ですね。詳しくは馬券予想の方で触れたいと思います。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑦エスケイアリュール

一頭だけですが、逆にこういう馬が来てしまったりするのが競馬ですかね。ただ、最近のこの馬を見ている限り苦戦かなとは思います。

 

まとめ

大本命⑪センチュリオンが勝つ可能性はかなり高そう。多少勝ち味に遅いかなとも思いますが、今回は他の馬も十分勝ち味に遅い馬たちなので大丈夫なはず。他の馬ともほぼ同斤量ですからね。問題は相手探しになりそう。

 

先にも触れましたが一長一短のメンバーで、問題は展開と調子だと思います。特に展開がポイントで、今回は意外と前が流れる展開になりそうな予感がします。まず内から③マイネルアウラートがハナを狙いに行くでしょうが、そこに外から⑧ディアデルレイ。⑧ディアデルレイは最近はハナにこだわらないレースぶりですが、今回はひとつ外枠に⑨サダムリスペクトがいて、これもできれば⑧ディアデルレイをパスして前に付けたいはず。しかし⑧ディアデルレイも⑨サダムリスペクトに被されるのは良くないはずなので、こちらも張っていくと思います。結果的にこの外の2頭は出して行かざるを得なくなるのではないかなと妄想しております。

 

そうなればペースは自然と流れそう。さらに③マイネルアウラート⑧ディアデルレイ⑨サダムリスペクトとも、元々1900の距離が少し長い馬ではあります。そこで2周目後半から⑪センチュリオンに捲って来られたら、いくら前残りの浦和でも先行馬たちは辛くなると思いますね。そうなればその後ろで待ちのレースをしている馬たちに台頭のチャンスが生まれてくるのではないか、という私の考えです。

 

そこで候補にまず上がってきそうなのが①キングニミッツ。初浦和ですが、堅実タイプで距離はベスト。そして前走日本テレビ盃4着ということでそこそこ人気になりそうですが、よく見てみると前走の4着も走破時計としては平凡。他の馬が走らなかっただけのように思えます。この馬がヒラボクラターシュより12馬身も強いはずがないですからね。周りが不調なだけの4着で、この馬自身はまだまだ本調子ではないと思います。

 

それなら、今充実している⑤キャッスルクラウンでどうでしょう。前々走はB級とは言え、今までにない1周目の直線での大まくりを決めて圧勝。そして前走の東京記念では、上位からは離されたものの上がり2番目のタイムで、ヤマノファイトに先着して5着。今最充実期に入ってきている気がします。さらに魅力的なのが斤量。他のオープン馬が58キロなのに対し、⑤キャッスルクラウンは56キロ。S1の東京記念5着馬が2キロ軽く出走できるのは有利。あとは前が速くなってくれればピタッと嵌まりそうな気がしてます。

 

ここはひとつ、⑪センチュリオンから相手を⑤キャッスルクラウンに絞って、馬連・ワイド・三連複2頭軸流しで勝負したいと思います。ただワイドは安いと思うので、元取りみたいな感覚で買いたいです。そして三連複は穴っぽい馬を相手に。候補は②カンムル⑥ハセノパイロ⑩ムサシキングオー②カンムルは一昨年の勝ち馬で、⑥ハセノパイロは東京ダービー馬。どちらも闘争心にうっかり火が入れば。そして個人的に期待しているのが⑩ムサシキングオー。前走最後の脚に復活の気配がありました。5着の馬とはタイム差なし、⑨サダムリスペクトとも同タイム。これなら、3着食い込みならありえそうな気がしてます。前が止まればですね。三連複の⑪センチュリオン⑤キャッスルクラウン⑩ムサシキングオーは厚く買ってみます。

 

馬連・ワイド ⑤-⑪

三連複2頭軸流し ⑤⑪-②⑥⑩

勝負度 ★★★★☆