2019 東京 サウジアラビアロイヤルカップ 仕分け予想 素質上位、サリオス・クラヴァシュドール・アブソルティスモで三連複☆

2019 東京 サウジアラビアロイヤルカップ 仕分け予想 素質上位、サリオス・クラヴァシュドール・アブソルティスモで三連複☆

いよいよ秋の東京・京都シリーズが開幕。来週から怒涛のG1ラッシュになりまして、期待と不安が入り混じっておりますが、まずは小手調べとして土曜の府中の2歳重賞・サウジアラビアロイヤルカップを取り上げたいと思います。かつてのいちょうS時代から出世レースとして名高いこのレース。ダノンプレミアム・グランアレグリアに続く馬が現れるでしょうか。キャリアの少ない2歳馬ですが、頑張って仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】③サリオス

デビュー戦でレイデオロの弟、アブソルティスモを余力十分で突き放して快勝。上がり33秒1は破格の時計です。次走にアブソルティスモは札幌の未勝利を快勝していますし、相手関係からしても価値があります。成長力のあるハーツクライ産駒、府中マイルも経験済み。本命は揺るがないでしょう。

 

【安定型】⑧アブソルティスモ

そのサリオスに新馬戦で負けたこの馬ですが、3着には7馬身差をつけていました。前走の札幌戦は脚をためる競馬で最後なんとか勝利。ダイワメジャーの産駒で、切れというよりスピードの持続力が武器なのかも。ここはある程度積極的に競馬を進めそうですし、コース経験を考えてもそれほど崩れないかなと思います。サリオス相手では厳しそうですが。

 

【嵌まれば一発】⑥クラヴァシュドール

牝馬ですがこちらもハーツクライ産駒で、秋の阪神の新馬を圧勝。勝負所でポケットに入って厳しい展開でしたが、直線外に持ち出すとサリオスと同じく33秒1の脚を繰り出しました。レースセンスを感じましたし、まだまだ余裕のありそうな雰囲気。初めての長距離輸送、左回りに対応できるかが課題ですが、まともなら勝負になりそう。

 

【展開次第で複勝圏】②ジェラペッシュ⑤ロードエクスプレス⑨エンジェルサークル

サリオス打倒は難しそうですが、アブソルティスモやクラヴァシュドールが能力を発揮できないような展開になれば順番が回ってきそうな馬たちですね。②ジェラペッシュはデビュー戦が差し、前走は逃げ切りと自在性を見せましたが、前走が10キロ減だったのが気になるところ。瞬発力勝負も見劣りますが、すんなりいければ。⑤ロードエクスプレスは新潟で新馬勝ちしましたが、血統や体を見ると1400が良さそうな馬。あとはどこまで上がり目があるか。⑨エンジェルサークルはデビュー戦が道悪でフラフラとした走りでしたが、前走では鋭い決め手を見せて快勝。2歳牝馬でまだ未完成なのと、前走での大幅な馬体減が心配。体調さえまともなら、見せ場は作れそう。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①イロゴトシ④カップッチョ⑦シコウ

①イロゴトシは大幅相手強化、④カップッチョ⑦シコウは瞬発力で見劣る感じですね。

 

まとめ

新馬で圧勝した③サリオスを素直に本命。馬格もあり、まだまだ成長が見込めます。今回はそれほどテンから飛ばして行きそうな馬もいませんし、直線の決め手比べになりそう。前走同様の瞬発力を発揮できれば勝ち負けは当然。ここも勝って出世街道を突き進んでほしいところ。

 

相手も、阪神の新馬で瞬発力を発揮した⑥クラヴァシュドールを評価したいです。長距離輸送と左回りが課題ですが、血統だけなら直線の長い東京は合いそう。牝馬の切れ味と、強気の重賞挑戦に期待。

 

もう一頭の人気馬、⑧アブソルティスモはやはり上記2頭に比べて瞬発力勝負で見劣る印象。ただこの3頭はその他の馬に対して、単純に素質で上回っているような印象を受けるので、ここはシンプルに③サリオス⑥クラヴァシュドール⑧アブソルティスモ三連複1点で買ってみたいと思います。5倍つけばいいですかね。不確定要素も多い2歳戦、ネガティブなポイントを考えればキリがないので、絞ってさくっと買ってみたいです。ノーザンファーム馬2頭と中内田厩舎を信頼で。

 

三連複 ③⑥⑧

勝負度 ★★☆☆☆