2019 中山 スプリンターズS 仕分け予想 ダノンスマッシュ初戴冠へ◎ 内枠勢に要注意☆

2019 中山 スプリンターズS 仕分け予想 ダノンスマッシュ初戴冠へ◎ 内枠勢に要注意☆

いよいよ秋のG1が開幕。今年も初戦は最終週の中山・スプリンターズSです。今年の秋の中山は時々雨も降りましたが大きく馬場は崩れることもなく、高速馬場のまま最終週を迎えた感じ。先週の準オープンの1200で軽く1分7秒台が出ていましたし、速いタイムでの決着となりそうですね。今年もスピード自慢が集まったこのレース、早速仕分けてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

過去にG1勝ちがあるのが③セイウンコウセイと⑤レッツゴードンキ、そして春の高松宮記念を勝った⑬ミスターメロディ。しかしこの3頭はいずれも前走で掲示板を外しております。ねじ伏せて勝てるような強い存在の馬は、今年はいないですね。

 

【安定型】②ダノンスマッシュ

春の高松宮記念は4着でしたが、それ以外の1200のレースでは昨年のキーンランドCでナックビーナスに負けて2着になっただけのパーフェクト連対。今年はそのキーンランドCも外から差しきっていますしパワーアップしている様子。ここも崩れないでしょうし、G1獲りも夢ではありません。

 

【嵌まれば一発】⑦モズスーパーフレア⑧タワーオブロンドン⑬ミスターメロディ

混戦のレースで、おそらく最後の直線も1秒以内に馬がひしめき合っての激闘になりそうですが、その中で突き抜ける力があるとしたら、ダノンスマッシュ以外にこの3頭かなと思ってます。⑦モズスーパーフレアは惨敗の高松宮記念以来の前走で控える競馬で3着。進境を見せましたが、ここはG1ですからハナを奪ってくるはず。中山4戦3勝の実績は魅力で、スンナリ行ければ。⑧タワーオブロンドンは京王杯SC以降、スプリント路線に転じて好調。前走のセントウルSは勢いに乗ってレコード勝ちで、今回の中山の1200も悪い舞台ではないと思います。ただ、根っからのスプリンターかと言われると微妙ですし、前々走休み明けのダノンスマッシュに差されているのも気になるところです。⑬ミスターメロディはやはり春のスプリント王者ですから嵌まれば怖いですが、右回りが不安ですし内枠が欲しかったなと思います。

 

【展開次第で複勝圏】①アレスバローズ③セイウンコウセイ④リナーテ⑤レッツゴードンキ⑨ディアンドル⑫ダイメイプリンセス⑭ハッピーアワー⑮イベリス⑯ファンタジスト

このあたりの馬も、流れひとつでは2着くらいならあるかもしれません。特に内をついた馬が例年穴を開けるレースですし、今の中山の馬場傾向からも①アレスバローズ③セイウンコウセイ④リナーテ⑤レッツゴードンキあたりは怖い存在です。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑥ノーワン⑩ラブカンプー⑪マルターズアポジー

調子が悪かったり条件が悪かったりという面々ですね。

 

まとめ

人気は②ダノンスマッシュ⑦モズスーパーフレア⑧タワーオブロンドンが三つ巴で売れている模様。この中でも私は、単純に②ダノンスマッシュが一番強いと思って本命にします。高松宮記念は今ひとつの内容でしたが、左回りに苦戦したのかも。右回りなら抜群の安定感ですし、前走のキーンランドCが休み明けで強い競馬。かなり外を回って、内をさばいてきたタワーオブロンドンをねじ伏せました。前走後はここ目標という感じでしょうし、上積みも大きいはず。枠も絶好。先行するセイウンコウセイの後ろに入っていけばいいポジションを取れるはず。ここは素直に◎を打ちたいです。

 

当然⑧タワーオブロンドンも有力ですが、ここまでちょっと使いすぎなのと、前走のセントウルSのレースレベルに疑問を感じます。レコードこそ出ましたが、当日は他の条件戦でもレコードが出る超高速馬場。相手もばりばりのスプリントの重賞級の馬はいなかったですし、連戦の疲れも心配。ここは思わぬ苦戦もあるかなと思ってます。

 

馬券ですが、まず②ダノンスマッシュの単勝。そして馬連流しで内枠の馬を中心に買ってみたいです。①アレスバローズ③セイウンコウセイ④リナーテ⑤レッツゴードンキ⑦モズスーパーフレア⑧タワーオブロンドン⑨ディアンドルへ。そして穴の三連複1頭軸流し②ダノンスマッシュから、①アレスバローズ③セイウンコウセイ④リナーテ⑤レッツゴードンキ⑦モズスーパーフレア⑨ディアンドルへ。⑧タワーオブロンドンが飛べば配当的に面白くなりそうですね。ひとまずダノンスマッシュの初タイトルに期待です。

 

単勝 ②

馬連流し ②-①③④⑤⑦⑧⑨

三連複1頭軸流し ②-①③④⑤⑦⑨

勝負度 ★★★☆☆