2019 浦和 オーバルスプリント 仕分け予想 ◎ヤマニンアンプリメの相手は好枠○ダノングッドで。

2019 浦和 オーバルスプリント 仕分け予想 ◎ヤマニンアンプリメの相手は好枠○ダノングッドで。

今週の南関東は浦和開催。ダートグレード、オーバルスプリントが行われます。昨年見事にJRA勢を撃破したノブワイルドが今年も参戦。現在連勝で勢いに乗っていますし要注目ですね。さらにJRA勢も例年よりレベルが高そうな感じで面白いレースになりそうです。さっそく仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

確実に勝ち負けになるような馬はいないですね。全体的なレベルが高い一戦だと思います。

 

【安定型】②サクセスエナジー⑨ヤマニンアンプリメ

ダートグレードの常連の2頭。②サクセスエナジーはプロキオンSは良くなかったですが、浦和1400は2戦1勝・2着1回ですし、いい枠も引きました。少しズブくなっている感じなので、58キロでもありますし最後の瞬発力勝負でどうでしょう。⑨ヤマニンアンプリメは今年パーフェクト連対。重賞も連勝中。課題はクセのある浦和コースが初めてで、今年負けた2回は1400戦であること。それでも大きく崩れることはなさそうです。

 

【嵌まれば一発】③ノブワイルド

昨年54キロで逃げ切り。今年は55キロで、昨年よりも相手は強化していますが、この馬自身も南関東の重賞を連勝中。前走キタサンミカヅキを破っていますし、今はまさに充実期。すんなり逃げられれば。

 

【展開次第で複勝圏】①ダノングッド④エッシャー⑥ノボバカラ⑦ブルドッグボス⑧デイジーカーニバル

移籍初戦の①ダノングッドは地方の砂が初めてですが、元々かなりの一発屋キャラではあります。デキとコース適性次第では食い込みもあるかもしれません。④エッシャーは3連勝中。ここはかなり厳しいですが、展開の鍵を握る存在でもあります。⑥ノボバカラは最近そこそこ走れていますが、やはりいい時ほどの勢いはありません。恵まれないと厳しそう。⑦ブルドッグボスもだいぶ復調してきましたが、瞬発力勝負だと厳しいです。前がバタバタになれば。⑧デイジーカーニバルはまだまだ完成していない馬ですが、素質はかなりのもの。気持ち次第な面もある馬なので、スムーズに運べれば。

 

【危険な人気馬】⑤ワイドファラオ

あえてこの項目に入れてみました。初ダートのユニコーンSで逃げ切り。ただ今年のユニコーンSは若干低調だった気もします。初の地方重賞、1400自体も初、1周コースも初、しかも浦和。他の逃げ馬も多数となれば、かなり厳しいレースになりそう。揉まれこんで終了もありえます。もし好走したとしたら、相当ポテンシャルが高いということになりますね。

 

【苦戦必至】⑩リボンスティック⑪ミヤジマッキー

どちらも馬券圏内はとても無理でしょう。

 

まとめ

レースのポイントは馬場と展開。前残りしかない馬場なのか、差しも間に合う馬場なのかでだいぶ話が変わってきます。さらに展開が難しいです。左海の③ノブワイルドは何が何でも逃げるでしょうが、他の馬がどの程度追いかけるか。②サクセスエナジー⑤ワイドファラオが付いていくとして、さらに浦和の④エッシャーが気になりますね。ノブと同じ小久保厩舎なので、徹底したノブサポートに回るかもしれません。内でノブが逃げて、その外で④エッシャーが2番手キープだと、他の馬はプレッシャーをかけ辛くなります。そうなればノブの残り目もあります。

 

と言いながら、ひとまず中心は⑨ヤマニンアンプリメでいいかなと思います。53キロは恵まれていますし、最後の瞬発力ならこのメンバーでは一番です。3コーナー過ぎの下り坂で外から勢いをつけられれば、意外と浦和の1400も合いそう。惜敗もありそうですが、軸には最適です。

 

ヤマニンはおそらく1番人気になるでしょうから、ここから手を広げてもドカンとはなかなかいかないですね。ここはヒモ荒れ期待で、相手を絞って買いたいです。対抗は①ダノングッドで。移籍初戦ですが、まずまず状態は良いようです。あとは展開ですが、今回は最内枠を引いて、周りは逃げ先行馬ばかり。スムーズに最短距離を走れそう。おまけに吉原鞍上となれば不気味さでいっぱいです。そこまで他のJRA勢と差があるようにも感じませんし、爆発力がある馬。ここは一発に期待します。

 

まず⑨ヤマニンアンプリメ①ダノングッド馬連・ワイド。さらに三連複で穴を狙って、②ノブワイルド④エッシャー⑥ノボバカラ⑦ブルドッグボス⑧デイジーカーニバルへ2頭流し。だいぶお遊びな感じの馬券ですね。基本は馬連・ワイドで行きます。

 

馬連・ワイド ①-⑨

三連複2頭軸流し ①⑨-②④⑥⑦⑧

勝負度 ★★☆☆☆