2019 金沢 サラブレッド大賞典 仕分け予想 強い馬にもまれたタンクティーエー◎

2019 金沢 サラブレッド大賞典 仕分け予想 強い馬にもまれたタンクティーエー◎

日曜の金沢は、伝統の重賞・サラブレッド大賞典が行われます。これまで金沢の重賞を賑わせてきた馬と上がり馬の力量比較が難しい一戦となりそうです。難解ですが、仕分けを行いたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

最初、ダービー馬・②ロンギングルックを入れようか悩みましたが、先日のMRO金賞で⑩タンクティーエーに離されているので、ここは空欄にしておきました。

 

【安定型】②ロンギングルック

安定、というか計算できそうな馬だと思います。同じ距離のダービーを勝ち、現在連勝中でキャリアも豊富。着外も2回しかなく、一見安定してはいます。ただ、本当はマイラーかなとも思います。

 

【嵌まれば一発】⑨ハクサンウェーブ⑩タンクティーエー

どちらも中央で未勝利1勝。⑨ハクサンウェーブは500万でも掲示板に乗っていた馬。移籍後2戦は共に圧勝。切れ味では一番でしょう。⑩タンクティーエーは中央500万では今一つでしたが、どれも勝ち馬がレベルの高い馬ばかり。移籍して2連勝して望んだ前走は、園田・東海の強豪相手に健闘。ここも上位争い必至です。

 

【展開次第で複勝圏】①ユラニュス④スターインステルス⑤セイガイハ⑪カトリーヌレーヴ

①ユラニュスは前走圧勝。距離が不安ですが、ここに来て伸びてきている馬かもしれません。その他の馬は末脚堅実な面々で似たようなタイプ。展開一つでは2着あたりまでチャンスありです。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】③トーセンジルコン⑥ソレイケヤッコ⑦サッキースピネル⑧ハクサンフラワー

有力どころに速めに動かれると、前でなだれこんでなんとか食い込みたい馬たちにとってはなかなか厳しいかもしれません。

 

まとめ

図式としては、石川ダービー馬・②ロンギングルックと、中央1勝馬である⑨ハクサンウェーブ⑩タンクティーエーの戦い様相。その中でも、ハイレベルだったMRO金賞で園田勢に正面から挑んでいった⑩タンクティーエーを本命に推したいです。

 

前走のMRO金賞は、水曜の園田オータムトロフィーで1、2着だったテンマダイウェーヴとバンローズキングスの間に入っての4着。その後ろには、先日笠松で岐阜金賞を勝ったニューホープ、そしてその後ろのロンギングルックには1.4秒差をつけていました。レースも好位から正攻法の競馬で堂々とした立ち回り。今回はメンバーは弱化していますし、外から抜け出しと見て◎です。

 

相手は②ロンギングルック⑨ハクサンウェーブがひとまず有力。ただどちらも本当は1500くらいがベストの馬なのかなと思います。②ロンギングルックはダービーこそ嵌まりましたが、前々走の1700では直線だいぶカトリーヌレーヴに詰められています。⑨ハクサンウェーブは中央時代の主戦距離が1200でしたし、末脚が切れるタイプなので2000が合うとは思えません。あっさりもあるでしょうが、期待と不安が半々ですね。

 

もし⑩タンクティーエーがこれらを力でねじ伏せてしまうと、後方待機組の一角崩しもありえそう。④スターインステルス⑤セイガイハ⑪カトリーヌレーヴ。みんなジリっぽい馬ですが、前が崩れればというところです。そして①ユラニュスも折り合えば可能性がありますね。

 

ここは三連単1着固定流しで、⑩タンクティーエーから②ロンギングルック⑨ハクサンウェーブ①ユラニュス④スターインステルス⑤セイガイハ⑪カトリーヌレーヴの6頭へ。素直に②ロンギングルック⑨ハクサンウェーブで決まってしまうとガミるので、この組み合わせは元取り目的で少し厚めに買おうと思います。できれば他の馬の一角崩しを期待したいですね。

 

三連単1着固定流し ⑩→②⑨①④⑤⑪

勝負度 ★★★☆☆