2019 川崎 戸塚記念 仕分け予想 地元でヒカリオーソが主役◎ 穴なら先行勢☆

2019 川崎 戸塚記念 仕分け予想 地元でヒカリオーソが主役◎ 穴なら先行勢☆

水曜は川崎で秋の3歳の重賞・戸塚記念が行われます。今年は例年よりもメンバーが揃っている感じですね。南関東の3歳3強のうち、2頭が出走してきました。ミューチャリーは中央のセントライト記念挑戦ということでそちらも楽しみですが、今回残った2頭の対決も見物です。ひとまず仕分けてみたいと思います。

 

【勝ち負け】⑧ヒカリオーソ

東京ダービー馬。JDDも5着。今年大きく敗れたのは鼻出血を発症した京浜盃のみ。積極的なレースをしながら安定しているところに、この馬の底力を感じます。今回は地元川崎。小回り2100も合いそうで中心は揺るがないでしょう。

 

【安定型】⑭ウィンターフェル

今年まだ未勝利ですが、羽田盃2着、東京ダービー2着、JDD4着と常にハイレベルのレースをしてきています。ソラを使いますし、反応の悪さもありますが地力は一番。最後の3歳S1の重賞であるここで、ビッグタイトルが欲しいところ。

 

【嵌まれば一発】②ダンサーバローズ

中央1勝で、500万では全日本2歳優駿勝ちのノーヴァレンダの2着があり、地方移籍当初は注目されましたが、スンナリした流れにならないと能力を発揮できない馬のようで、前走は番手競馬で楽に抜け出して楽勝しました。多頭数競馬の内枠がどうかですが、今回もスムーズに運べれば爆発もあるかもしれません。

 

【展開次第で複勝圏】③ケンゴッド⑨グリードパルフェ⑪トーセンボルガ⑫グラビテーション

この中では⑨グリードパルフェの戦績が抜けていて、おそらく南関東3強に次ぐ実力がある馬だと思っていい馬だと思います。ただ勝ち味に遅いので、ここも勝ちきるまではどうでしょう。他では展開の鍵を握る⑪トーセンボルガ。今回は左海を乗せてきましたし、イチかバチかのレースをしてきそう。⑧ヒカリオーソの格好の標的にはなりそうですが、うまくマイペースに持ち込めれば。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①ジョーパイロライト④マイコート⑤キャッスルワンダー⑥レオズハイライト⑦グローリアスライブ⑩トーセンオリンピア⑬コスモマーヴィ

移籍初戦の⑩トーセンオリンピアが注目ですが、初ダートで中央未勝利馬がいきなり南関東S1となると、よほどダート適性がないと辛いと思います。

 

まとめ

ここは⑧ヒカリオーソの先行抜け出し濃厚と見ました。地元川崎戦ですし、ここは獲りたい重賞ではないでしょうか。逃げる⑪トーセンボルガの2番手、あるいは②ダンサーバローズの外あたりからの競馬になりそうでスムーズに運べそう。川崎小回りも脚質的には合いそうですし、他の馬がもうひとつパンチ不足なので、ここは押し切れると見ました。1着固定でいきたいです。

 

ヒモ穴を見つけてどかんと行きたいところですが、⑭ウィンターフェルに⑨グリードパルフェまで揃ってしまうと、なかなか食い込みは難しそう。穴を出すならこの2頭がズブい面を見せた時の、前に行った馬の粘りこみでしょうか。後方から差しを狙う馬にとって、まずこの2頭をやっつけることが相当大変ですからね。

 

そうなると、もう②ダンサーバローズ⑪トーセンボルガの玉砕戦法が嵌まるかどうかしかありません。どちらも自分の形に持ち込めればというところ。2頭とも8月に川崎の2000を経験しているのはプラス。②ダンサーバローズが御神本、⑪トーセンボルガが左海だと無理にやり合うこともなく隊列は決まりそうですし、ここは前残りを期待したいです。

 

三連単1着固定流しで⑧ヒカリオーソから、相手に⑭ウィンターフェル⑨グリードパルフェ②ダンサーバローズ⑪トーセンボルガ。オッズがどうかですが、⑭ウィンターフェル頭の馬券がある程度売れてくれれば多少期待できそうな気もします。もちろん⑧ヒカリオーソ→⑭ウィンターフェル→⑨グリードパルフェで決まってしまえば相当安そうですが。紛れを期待したいです。

 

三連単1着固定流し ⑧→⑭⑨②⑪

勝負度 ★★☆☆☆