2019 新潟 新潟記念 仕分け予想 夏の終わりにサトノワルキューレ◎から

2019 新潟 新潟記念 仕分け予想 夏の終わりにサトノワルキューレ◎から

日曜、夏競馬の最後を飾る新潟記念が行われます。ハンデの2000メートルのG3ではありますが、昨年は後のグランプリホースであるブラストワンピースが勝利。今年も秋のG1につながる一戦として注目です。例年そうですが、今年もなかなかの混戦模様。さっそく仕分けてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

ハンデ戦でもありますし、抜けている馬はいません。

 

【安定型】なし

いろいろなローテーションでこのレースに集まってきているので、「この馬はきっちり走ってきそう」という存在も見つけにくいです。どの馬が今回嵌まるか、というのが最大の焦点のレースです。

 

【嵌まれば一発】②アクート④フランツ⑦ユーキャンスマイル⑨レイエンダ⑭サトノワルキューレ⑮ブラックスピネル⑯センテリュオ

かなりの混戦でこの項目も多くなってしまいました。②アクートは前走でようやくオープン入り。54キロの斤量が魅力です。④フランツは早くから期待された馬。末一手なので展開がカギですね。⑦ユーキャンスマイルは菊花賞から天皇賞まで3000メートル超えのレースを続けて使われてきました。昨年新潟の特別を好時計勝ちしていますが、今回はいきなりの1200メートル距離短縮がポイント。⑨レイエンダはドスローのエプソムCを2番手から抜け出し。かなり恵まれた印象はありますが素質は上位。⑭サトノワルキューレはフローラS勝ち以来、歯車が噛み合わないレースが続いていますが、今回は条件が良さそうです。⑮ブラックスピネルは単騎逃げ濃厚。⑯センテリュオは長くいい脚を使える馬で平坦の新潟2000は合いそう。53キロも有利。迷ってしまいますね。

 

【展開次第で複勝圏】③ダイワキャグニー⑤ジナンボー⑥カデナ⑧クリンチャー⑩カヴァル⑫ショウナンバッハ⑰ゴールドサーベラス

復調した⑥カデナは勝ちまであって良さそうな馬ですが、脚の使いどころが難しく、直線の新潟が合うかどうか謎。⑧クリンチャーも決め手勝負だと難しそう。その他の馬も脚の使いどころひとつ。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①サトノキングダム⑪クラウンディバイダ⑬ケントオー⑱ダッシングブレイズ

どの馬も瞬発力不足で、善戦まででしょうか。⑬ケントオーは好きな馬なんですけど。

 

 

まとめ

相当な馬にチャンスがありそうなレース。ポイントは最後の直線で、ゴール板までどれだけ伸びることができるかというところ。悩みましたが、ここは思い切って⑭サトノワルキューレの性能に賭けてみます。

 

昨年3歳春にはフローラS勝ちの他、500万戦ではエタリオウやメイショウテッコンと凌ぎを削りました。能力は非凡なものがあります。3歳秋になってから不振ですが、ここに来て2レース連続でマイル戦を使ったことで目が覚める可能性はあると思います。長くいい脚を使う馬で、ベストは直線の長い2000メートル。54キロも恵まれていますし、配当的な面も魅力なのでここは一発期待。

 

まず⑭サトノワルキューレの単複。そして⑭サトノワルキューレから馬連・ワイドで②アクート④フランツ⑦ユーキャンスマイル⑨レイエンダ⑮ブラックスピネル⑯センテリュオの「嵌まれば」の馬たちへ。この夏最大の遊びです。

 

単勝・複勝 ⑭

馬連・ワイド ⑭-②④⑦⑨⑮⑯

勝負度 ★☆☆☆☆