2019 笠松 岐阜金賞 仕分け予想 若干小粒なメンバー。キャリア重視でニューホープ◎ 

2019 笠松 岐阜金賞 仕分け予想 若干小粒なメンバー。キャリア重視でニューホープ◎ 

木曜、笠松では3歳重賞・岐阜金賞が行われます。伝統の一戦ですが、今年は若干メンバーが低調な様子。上がり馬もいて力関係が微妙ですね。園田・金沢からの遠征馬もいますし、さらに天気もおそらく不良馬場になりそうな雰囲気。なかなか比較が難しいですが、ここはひとまず仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

距離の1900はほとんどの馬が経験していない距離です。紛れは十分ですね。

 

【安定型】⑤ニューホープ

金沢の重賞常連。最後は必ず一脚使ってきます。笠松はサウスグラストップに一度完敗していますが、経験しているのは強み。

 

【嵌まれば一発】⑥ニホンピロコレール

一番人気になりそうなこの馬。前走、中央からの移籍初戦で1400・26秒台の好時計勝ち。このメンバーならあっさりもありえますが、少し粗削りなレースぶりでしたし、距離延長は課題でしょう。

 

【展開次第で複勝圏】①ライトリー②タイセイスマーティ③ナラ④ビッグシューター⑦ヨウコウ⑧リードメロディー

つかみどころのない面々ですね。①ライトリーはスピードタイプで距離不安。②タイセイスマーティも安定していますが、重賞となるとどうでしょう。③ナラは休みなく使われていて上がり目はありませんが、ある程度ポジションを取れれば。園田の④ビッグシューターは素質上位。距離は合うので、あとは状態。⑦ヨウコウは時計平凡も2連勝。血統的に距離延長は疑問ですね。⑧リードメロディーは堅実な馬で距離経験もあり。前が崩れればですね。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑨トリウンファラ⑩トーセンバラライカ

地元の条件戦では堅実ですが、枠順的にもここでは不安です。

 

まとめ

注目は⑥ニホンピロコレールですが、前走破ったマッチデースは、今回出走している他の馬にも敗れたりしていますし、まだまだ力関係は謎です。時計もなかなか速かったですが、血統的に母の父がスニッツェルということで、一気の500メールの距離延長がいいとは思えません。私はあくまで▲級の馬だと思ってます。

 

中心は⑤ニューホープ。やはり距離経験は魅力ですし、金沢でスターキャデラックと僅差の競馬をしていればここでは力上位でしょう。前走は園田のトップクラスが揃ってレベルの高い一戦。今回は大幅相手弱化ですし、脚質的に取りこぼしの不安はあっても馬券内は外さないかなと思いました。

 

三連複フォーメーションで買いたいですね。相手はまず⑧リードメロディー。ここ2戦も古馬相手に好走。春から夏にかけて調子を崩していた感じですが、ここに来て回復の兆し。3、4コーナーで上がっていければ。

 

③ナラもぎふ清流カップ3着だけ走れば差はないでしょう。前走1400のダートグレードを使ったことで行き脚がついてくれれば。そして園田の④ビッグシューターは、2歳時にデビュー2連勝して注目された馬。復帰後ぴりっとしませんが、ずぶくてスタートも悪い馬ですから距離延長は歓迎の口。輸送、初コースなど課題は山積みですが、素質にかけてみたいです。

 

三連複フォーメーションで1頭目⑤ニューホープ、2頭目に⑧リードメロディー③ナラ④ビッグシューター。3頭目はその他、①ライトリー②タイセイスマーティ⑦ヨウコウ⑥ニホンピロコレールを加えて。最後に馬単マルチで⑤ニューホープから、⑧リードメロディー③ナラ④ビッグシューター⑥ニホンピロコレールへ、オッズを見ながら調整して流してみたいです。

 

三連複フォーメーション ⑤-⑧③④-⑧③④①②⑦⑥

馬単マルチ流し ⑤⇄⑧③④⑥

勝負度 ★★☆☆☆