2019 札幌 キーンランドC 淀の再現!デアレガーロ◎

2019 札幌 キーンランドC 淀の再現!デアレガーロ◎

日曜の札幌はスプリンターズSに向けての重要なレース、キーンランドカップが行われます。なかなかメンバーも揃って難しいレース。展開とコース取りなどで着順も入れ替わりそうです。まずは仕分けをしてみて、それから展開を加味した予想をしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

いい馬が多いですが、どれも今ひとつパンチ不足というか、いろいろと注文がつく馬が多い気がします。盤石という馬はいないですね。

 

【安定型】⑬ダノンスマッシュ

例の一件で除外明けの一戦となってしまいましたが、その分じっくり仕上げられたはず。レース運びも安定している馬ですし、ここも崩れないでしょう。ただ、勝ちきれるかどうかは展開ひとつです。

 

【嵌まれば一発】①ナックビーナス②デアレガーロ④セイウンコウセイ⑯リナーテ

①ナックビーナスは過去3年で5着、3着、1着。コースは熟知していますし、内でロスなく回れれば。②デアレガーロは京都牝馬Sで内をさばいて快勝。立ち回りひとつ。④セイウンコウセイは今年復調を感じさせるレースぶり。おそらく逃げられるでしょうから、58キロでも。⑯リナーテはこのところ33秒台の上がりを連発。前が止まってくれれば大外一気がありそう。

 

【展開次第で複勝圏】⑤ペイシャフェリシタ⑥ハッピーアワー⑦タワーオブロンドン⑩アスターペガサス⑪ライオンボス

⑦タワーオブロンドンが人気になるでしょうが、やはりベストは府中の1400だと思います。札幌の1200だと中途半端な結果に終わりそう。その他の馬もうまくさばければというところ。直千3連勝の⑪ライオンボスは未知数ですね。

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】③サフランハート⑧シュウジ⑨カイザーメランジェ⑫ダイメイフジ⑭ライトオンキュー⑮パラダイスガーデン

実績なら⑧シュウジですが、最近は重賞での好走もないですから、G1並のこのメンバーでは辛そうです。

 

まとめ

例年のキーンランドCを見ていると、コース特性からか、道中は比較的馬群が固まって進んで、直線で内が伸びるか外が伸びるかという展開が多い気がします。どちらになるかは、馬群の崩れ方次第というか、比較的先行馬が最後まで強い場合は内差しが出来て、内が止まる場合は外差しという感じかもしれません。例年ペースは似たような感じなので、ペース云々よりも先行馬のレベルが高いか低いかで、結果は変わってきそうです。

 

今年は内に①ナックビーナス④セイウンコウセイという実力馬がいるので、前は最後まで頑張りそうな気がします。そうなるとその後ろをついて行けた馬が、ロスなく立ち回って馬券内に飛び込んで来るのではないかと想像しました。本命は②デアレガーロで行ってみたいと思います。

 

枠順的に①ナックビーナスの後ろに入れそうですし、京都牝馬S勝ちも内を捌いてのもの。高松宮記念は16番枠で持ち味が生きなかったですが、今回はロスなく立ち回れそう。昨年は8着でしたが、当時より体重も増えて馬が違います。ここは池添のイン突きを期待して◎を打ちます。

 

まず単勝で②デアレガーロ。そして馬単マルチ流しで、相手は①ナックビーナス④セイウンコウセイ⑬ダノンスマッシュ⑯リナーテが中心。押さえで⑥ハッピーアワー⑦タワーオブロンドン⑩アスターペガサス。最後に三連単②デアレガーロ1着固定で、①ナックビーナス④セイウンコウセイ⑬ダノンスマッシュへの6点流しを少々買ってみます。内の先行勢にはギリギリまで頑張ってほしいところ。そして最後にデアレガーロに差されてほしいです。

 

単勝 ②

馬単マルチ流し ②⇄①④⑬⑯⑥⑦⑩

三連単1着固定流し ②→①④⑬

勝負度 ★★★★☆