2019 門別 エトワール賞 仕分け予想 ジョウラン開花◎ ソルサリエンテは内枠不安?

2019 門別 エトワール賞 仕分け予想 ジョウラン開花◎ ソルサリエンテは内枠不安?

水曜、門別では短距離重賞・エトワール賞が行われます。今週の門別は火曜が重馬場で、時計も若干速めでした。このメンバーであれば11秒台の決着にはなってきそうな感じですね。そのあたりも重視しつつ、仕分けに励みたいと思います。

 

【勝ち負け】⑩ジョウラン

中央で2歳時に2勝。その後、適鞍を求めて地方に移籍し、紆余曲折がありましたが前走の1200戦で好時計勝ち。時計通り走れば当然勝ち負けだと思います。

 

【安定型】⑤アップトゥユー

門別を代表するスピード馬。短距離戦ではなかなか崩れません。番手競馬もできますし、まずこの馬を基準にレースを予想するのも面白いかも。

 

【嵌まれば一発】②ソルサリエンテ④ダモンデ⑥カツゲキライデン

②ソルサリエンテは前々走でブルドッグボスを追い詰めました。元々素質は買われていた馬。南関東で調子を崩していましたが、だいぶ立ち直ってきています。④ダモンデは成長株。前走で良馬場で初の12秒台を記録。ソルサリエンテとは僅差だっただけに展開次第で逆転もあるかも。⑥カツゲキライデンもだいぶ立ち直ってきました。昨年の勝ち馬です。

 

【展開次第で複勝圏】①タイセイプライド③フジノパンサー⑦フィールザスマート⑨ナリユキマカセ⑪ディナスティーア⑫トゥルッリ⑬タイセイエクレール

最後前が止まって、3着あたりに後方から滑りこむというパターンは容易に考えられます。どちらかと言うと先行馬より、差しタイプの方が一発ありそうな気がしますね。この中なら⑦フィールザスマート⑪ディナスティーア⑫トゥルッリ⑬タイセイエクレールでしょうか。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑧トルシュローズ⑭シンボリタピット

ここでは力不足でしょう。

 

まとめ

⑩ジョウランの本格化と見て、素直に本命でいきます。元々2歳時に、中山1200の500万下で1分10秒台で勝った馬。素質・スピードは相当です。門別移籍後は3冠路線を歩んでいましたが、最後の王冠賞をパスして出走した久々の短距離戦を快勝。やはりベストは1200のようです。今回は速い馬も多く、包まれると不安でしたが、外目の枠を引いたのはラッキー。スタート五分なら崩れないと見ました。

 

相手は普通なら②ソルサリエンテでしょうが、ちょっと枠順が気になります。ポカのある馬なので、一旦リズムが崩れると脆いところもありそう。計算できるのは4枠2頭ですかね。⑤アップトゥユーは先行タイプですが、少々速いラップでも大きく止まらないので信頼できます。⑥カツゲキライデンは昨年もこの時期に活躍していますし上り調子。実績を買いたいです。

 

まず馬連・ワイドで⑩ジョウランから⑤アップトゥユー⑥カツゲキライデンへ。そして穴っぽい三連複フォーメーションで、1頭目⑩ジョウラン、2頭目に⑤アップトゥユー⑥カツゲキライデン、3頭目に⑦フィールザスマート⑪ディナスティーア⑫トゥルッリ⑬タイセイエクレールの差し勢を買ってみます。このあたりが来るとなかなかつきそうですね。⑦フィールザスマートなんかは少し復調気配を感じるので、五十嵐乗り替わりで一発ないですかね。

 

馬連・ワイド ⑩-⑤⑥

三連複フォーメーション ⑩-⑤⑥-⑦⑪⑫⑬

勝負度 ★★★☆☆