2019 大井 黒潮盃 仕分け予想 グリードパルフェ軸信頼、あとは買い方が難解…

2019 大井 黒潮盃 仕分け予想 グリードパルフェ軸信頼、あとは買い方が難解…

今週の南関東重賞は、水曜日に大井でお盆恒例の3歳重賞・黒潮盃が行われます。毎年、春の実績馬と夏の上がり馬と、他地区の強豪が入り乱れて難解な一戦になりますが、今年は例年にも増して混戦模様です。一旦仕分けてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

確勝という存在はいない感じでしょうか。

 

【安定型】⑦グリードパルフェ

ここ2戦は馬券圏外ですが、東京ダービー4着とジャパンダートダービー7着なら胸を張れます。ピリッとした脚はないですが、長くいい脚を使って崩れない馬。ここも大崩れはなさそうです。

 

【嵌まれば一発】①アエノエンペラー②ホワイトヘッド③ハルディネロ

①アエノエンペラーは東京ダービーで、グリードパルフェから離されたものの5着。素質的にもまだまだ上昇する余地はありそう。②ホワイトヘッドは終い確実に追い込んでくる馬。前がやりあって止まってくれれば。③ハルディネロは休養明けの前走で先行して快勝。もともと期待されていた馬。距離延長は不安ですが、素質は通用します。

 

【展開次第で複勝圏】④ヤマショウブラック⑤ジョリスヴェニール⑥サージュ⑧シビックヴァーゴ⑪リンノレジェンド⑫トーセンボルガ⑭キングイモン⑯マブイーグル

少し勝ち味に遅い馬と、格下の馬ですが好調な馬たちですね。⑫トーセンボルガは1200から2000まで関係なく逃げて好走してますが、勝ちきるまではどうでしょう。ただ崩れないのは立派。今回道営から参戦の⑪リンノレジェンドは大井在籍時に1800を勝っていますが、こちらも善戦タイプの馬ではあります。崩れませんが、勝ち負けとなるとどうでしょうか。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】⑨トドビエン⑩ホールドユアハンド⑬トワイライトスカイ⑮アイオロス

どれも決して悪い馬ではないですが、ちょっと条件が合わなそうな馬なので厳しいかなと思います。特に実績では⑩ホールドユアハンドですが、58キロで大井外回り1800、さらに同厩舎ではありますが同型のトーセンボルガもいては難しいでしょうか。思い切り道悪になったら多少可能性も出てくるかもしれませんが。

 

まとめ

混戦模様ですが、中心は⑦グリードパルフェでいいんではないでしょうか。春あたりから力をつけて来て、東京湾カップで2着など勝ちきれないものの堅実なレース運び。ここ2戦は東京ダービー・JDDという超一戦級相手でしたが、前走のJRA勢を除けば、いずれも南関東3強であるミューチャリー・ヒカリオーソ・ウィンターフェルに次ぐ4着・7着。しかも東京ダービーでは5着のアエノエンペラーに5馬身差、JDDではホワイトヘッドに7馬身以上の差をつけています。取りこぼしはあるかもしれませんが、軸は外さないと見てここは本命で行きたいと思います。

 

ただ相手は悩みました。というか買い方に相当悩みました。①アエノエンペラーが強そうなんですが、最内で追い込み・まくりタイプとなるとなかなか難しい部分もあります。その割に配当も安そうですからね。ここは内の穴馬を中心に遊んで買ってみます。馬連・ワイド・三連複1頭軸流しで、相手は③ハルディネロ④ヤマショウブラック⑤ジョリスヴェニールへ。そして逃げの⑫トーセンボルガも押さえたいです。

 

③ハルディネロ⑤ジョリスヴェニールは素質で上位。⑤ジョリスヴェニールは前走の東京湾カップで直線寄られる不利。大井の1800は勝ち星もありますし、休み明けで馬体に成長があれば。③ハルディネロは叩き2戦目でさらなる上昇期待。トーセンボルガが逃げて、その後ろの内の番手競馬ができそうなのも魅力。④ヤマショウブラックは勝ち味に遅いですが、内枠で赤岡頼みですね。⑫トーセンボルガはペースひとつ。

 

もし①アエノエンペラーのオッズが馬連で10倍以上あるなら、最後に加えてもいいかなと思いますね。とにかく買い方が難しいレースです。

 

馬連・ワイド・三連複1頭軸流し ⑦-③④⑤⑫①

勝負度 ★★★☆☆