2019 門別 ブリーダーズゴールドカップ 仕分け予想 切れ味勝負!戸崎・アンデスクイーン◎

2019 門別 ブリーダーズゴールドカップ 仕分け予想 切れ味勝負!戸崎・アンデスクイーン◎

お盆の木曜、門別では牝馬限定の重賞・ブリーダーズゴールドカップが行われます。秋のJBCレディスクラシックを占う重要なレース、今年もJRA勢は牝馬ダートグレードではおなじみのメンバーが集まりました。仕分けをしてみたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

大本命はいませんね。上位が拮抗しています。

 

【安定型】⑨ビスカリア

JRA勢が断然優勢ですが、その中で最も計算できそうな馬というか、ウィークポイントが少なそうな馬はこの馬ですね。展開が向けば勝ちまであるでしょう。同じ右回り、外回りのTCK女王盃を勝っていますからね。

 

【嵌まれば一発】②ラインカリーナ③クイーンマンボ⑥プリンシアコメータ

②ラインカリーナは3歳馬で、前走初めて重賞勝ち。破ったマドラスチェックも強い馬ですし、ここを勝てば一躍牝馬ダート戦線のトップに立つかもしれません。③クイーンマンボは実力馬ですが、最近はズブさが増している印象。ここ4レースは牡馬相手だったので今回は楽なメンバーですが、逆に斤量が増えてしまいました。底力でどこまで。⑥プリンシアコメータは3回に1回くらいポカがある馬です。包まれない競馬なら大丈夫でしょうが、こちらも斤量がちょっと不安ではあります。

 

【展開次第で複勝圏】④アルティマウェポン

他の道営勢で馬券にぎりぎり絡めるとしたら、過去の実績からこの馬しかいないでしょうね。とは言え、道中死んだふりから、前のJRA勢の何頭かがブレーキになった時にぎりぎりという感じです。

 

【危険な人気馬】なし

 

【苦戦必至】①ソーディスイズラヴ⑤ゴッドパイレーツ⑦ザワールド⑧クオリティスタート⑩ジュンアイノキミ

⑧クオリティスタートは力をつけていて、地方限定の重賞なら上位の存在ですが、後方で死んだふりをするタイプではなさそうなので、展開の恩恵もあまりなさそうな気がします。⑩ジュンアイノキミの追い込みではさすがに間に合わないでしょう。

 

 

まとめ

JRA勢の戦いと見て間違いないです。その中でも人気になりそうなのは⑥プリンシアコメータでしょうか。たまにポカのある馬ですが、今回は他の先行タイプが②ラインカリーナくらいで、しかも自身はそれよりも外の6枠。包まれたりすることもなさそうでスムーズに競馬ができそう。ただ斤量の57キロはなかなか負担ではあると思います。ちょっとバランスが崩れると大敗もある馬なので怖さはありますね。そこで私の本命は、⑪アンデスクイーンで。

 

前走の名鉄杯はスマハマが押し切ってレコード勝ちしたレース。当時の中京は高速・内の先行断然有利の馬場でした。その中で最後追い込んで3着に迫る4着。ここにはクイーンマンボも出走していましたが、1.1秒差をつけていました。その前の2戦は東京の2100ダートで2戦して4着・2着。距離延長も大丈夫。ここ4戦は左回りですが、勝ち星はすべて右回りなので、門別右回りも問題ないでしょう。結構ジリッぽい馬が多いメンバーなので、この馬の瞬発力に期待ですね。戸崎の手腕にも期待して◎を打ちたいと思います。

 

あまり手を広げても旨味がないので、ここは配当次第ですが、⑪アンデスクイーンの単勝でどうでしょうか。5倍~8倍くらいかなと思ってるんですが。三連単を買っても相手はJRA勢ばかりですから、当たっても単勝を厚く張っていくのと変わらないかなと思います。もし三連単が結構つくようなら、⑪アンデスクイーン1着固定で、相手は②ラインカリーナ③クイーンマンボ⑥プリンシアコメータ⑨ビスカリアの4頭。そして最後に、前がバテてぐだぐだの展開になった場合に備えて、⑪アンデスクイーン→⑨ビスカリア→④アルティマウェポンという三連複・三連単も遊びで買ってみたいと思います。これが来たらダブルピースですね。ないでしょうけど。

 

単勝(配当次第) ⑪

三連単1着固定流し(配当次第) ⑪→②③⑥⑨

三連複・三連単 ⑪→⑨→④

勝負度 ★★☆☆☆