2019 札幌 エルムS 仕分け予想 先行激化必至?!初ダート・タイムフライヤーの一発◎

2019 札幌 エルムS 仕分け予想 先行激化必至?!初ダート・タイムフライヤーの一発◎

日曜、札幌ではダート重賞・エルムSが行われます。ホッカイドウ競馬の王者・スーパーステションの登録もありましたが、残念ながら回避。それでもなかなか面白いメンバーが揃いました。仕分けをしてみましょう。

 

【勝ち負け】なし

小回り1700。なかなかこれといった本命馬は選出しにくいですね。

 

【安定型】なし

成績にムラがある馬も多く、こちらも空欄にしました。

 

【嵌まれば一発】①マルターズアポジー②テーオーエナジー④モズアトラクション⑥サトノティターン⑦タイムフライヤー⑭リアンヴェリテ

初ダートの①マルターズアポジー⑦タイムフライヤーが注目ですね。こればっかりは走ってみないとわかりません。その他の馬も重賞を勝つだけの力はありそう。

 

【展開次第で複勝圏】③ドリームキラリ⑩リーゼントロック⑪レッドアトゥ⑬ハイランドピーク

③ドリームキラリは気持ち良く先行できればというところですが、今回は速い馬が多いです。その他の馬は決め手不足ですが、乱戦になれば最後に顔を出してくるかも。

 

【危険な人気馬】⑫グリム

このレースのポイントはこの馬でしょうね。おそらく一番人気で最後まで売れるでしょうが、決して今回はいい条件とは言えないと思います。前走と比べて、いい条件がひとつもないですからね。

 

【苦戦必至】⑤モルトベーネ⑧メイショウスミトモ⑨サングラス

道営に移籍した⑤モルトベーネも含め、掲示板までならチャンスはありそうですが、馬券圏内となると足りない気がします。

 

まとめ

スーパーステションがいないのは本当に残念なんですが、もし出走していたとしても、今回はなかなか厳しいレースになっていたと思います。というのも、今回は逃げ・先行馬が多く、前ですんなり行きたいスーパーステションにとっては難しいレースになりそうだったからです。初ダートの①マルターズアポジーや短距離戦でも逃げられる③ドリームキラリ、そして外からは好調の⑭リアンヴェリテ。先行争いは激化しそうです。

 

そこで人気の⑫グリムはどうかという話なんですが、これも本来はすんなりと先行させたい馬。最近は2000超えのレースもよく使っていますし、単騎か2番手の競馬が理想。しかし今回は小回り1700で、かなりごちゃごちゃした展開になりそうです。前走のマーキュリーカップも、勝ちはしたものの圧倒的な感じではありませんでした。斤量も増えますし、ちょっと危ないかなと思ってます。

 

そこで私の本命は思い切って⑦タイムフライヤー。もちろん、ダートをどこまでこなせるかによって結果は大きく違ってきますから大分ギャンブルなんですが、こなしさえすれば展開が一番向く馬だと思います。最近成績は今ひとつですが、中山金杯の3角からの進出は見所十分。けい古は良く走りますし、血統的にもタイムパラドックスの近親。ハイペースを3角から追走して一気に4コーナーで射程圏に入れられれば勝ち負けになりそう。ただ、結局すべてはダート適性次第なんですがね。ここは先物買いで勝負してみたいと思います。

 

⑦タイムフライヤーから馬連・馬単1着流しで、相手はある程度ハイペースに強そうな②テーオーエナジー④モズアトラクション⑥サトノティターン⑪レッドアトゥ⑬ハイランドピークが主力。押さえで薄めに①マルターズアポジー③ドリームキラリ⑭リアンヴェリテ、そして⑫グリムまで。⑦タイムフライヤーのダート適性と心中ですね。

 

馬連・馬単1着流し ⑦→②④⑥⑪⑬①③⑭⑫

勝負度 ★★☆☆☆