2019 新潟 関屋記念 仕分け予想 もはや玉砕気味にサンマルティン◎ ブリンカーで高配当狙い

2019 新潟 関屋記念 仕分け予想 もはや玉砕気味にサンマルティン◎ ブリンカーで高配当狙い

11日の日曜は新潟でおなじみのマイル重賞、関屋記念が行われます。毎年一筋縄では行かないこのレース、まずはきっちり仕分けを行いたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

全体的なレベルは低くないレースだとは思いますが、抜けた存在はいません。昨年秋の成績から行くと⑬ミッキーグローリーが最上位でしょうが、今回は休み明けですし、昨年秋のこの馬はまさにイケイケ状態。あの調子に戻っているかどうかはわかりません。

 

【安定型】なし

成績的に安定している馬もいなくはないですが、どれもオープン級のレースで崩れない馬が多いです。重賞では若干パンチ不足かなとも思います。

 

【嵌まれば一発】③ケイデンスコール⑤サラキア⑥ソーグリッタリング⑩ロシュフォール⑬ミッキーグローリー⑭ミエノサクシード⑯サンマルティン

この項目は単穴にあたる項目なので、あくまで勝ちきる能力のある馬をピックアップしました。選ぶポイントは、決め手のある馬かどうかというところ。瞬発力勝負なら上位と思われる面々です。ちなみに⑯サンマルティンは今回初ブリンカーなので、そのあたりの一発に期待しての評価。

 

【展開次第で複勝圏】②ヤングマンパワー④オールフォーラヴ⑦ロードクエスト⑧エントシャイデン⑨ディメンシオン⑪リライアブルエース⑫フローレルマジック⑰ハーレムライン⑱トミケンキルカス

ここは絞りきれないですね。評価に困る馬たちです。⑪リライアブルエースあたりも能力ありますが、重賞となるとパンチ不足。④オールフォーラヴも好調ですが、これもすぱっと切れない感じの馬なので、何かには差されるのかなと思ってます。逃げの⑱トミケンキルカスは、枠順的にかなり飛ばして行く可能性があり、展開の鍵を握りそうです。

 

【危険な人気馬】なし

これ、という一番人気馬もいなさそうなので、自動的にここは該当馬なしです。

 

【苦戦必至】①マイネルアウラート⑮ファストアプローチ(取消)

決め手で劣る感じの2頭。どんな展開になっても掲示板までが一杯かなと思います。

 

 

まとめ

新潟のマイル、しかも良馬場で行われるでしょうから、先行力があって速い時計で押し切れる馬か、あるいは後ろから切れる脚がある馬でないと勝ちきるのは難しいレース。そうなると、今回仕分けした中で、【嵌まれば一発】に入れた7頭のうち、ポジションやコース取りがうまくいったどれかが勝つのかなと思ってます。

 

7頭もいますから、この中で2、3頭は展開的に嵌まると思うので、ひとまず1着と2着はこの7頭の中で決まってしまうかもしれませんね。ひょっとしたら1~3着の3枠もこの馬たちで独占という場合まであるかも。

 

なのでこの7頭の馬連ボックスを考えたのですが、配当を見てみると20倍くらいの馬券が多く、あまり旨味がありません。かと言って絞るのも難しいレース。もうどうしたらいいかわからないので、ここはこの7頭の中で一番の穴馬から買って遊んでみようと思います。本命は⑯サンマルティンで。

 

昨年の都大路Sで好時計勝ち。前走は休み明けで58キロを背負っていましたが、後方から最後まで伸びてはいました。前々走の中山金杯もそれほど負けてはいないですし通用する力はあります。今回は2キロ減、さらにブリンカーをつけるようなので、外から中団くらいのポジションで食らいついて行ければ一発ないかなと思います。折り合いに難がある馬なので、距離短縮で変わり身期待。

 

まず⑯サンマルティンの単複。そして馬連・ワイド流しで⑯サンマルティンから、③ケイデンスコール⑤サラキア⑥ソーグリッタリング⑩ロシュフォール⑬ミッキーグローリー⑭ミエノサクシード、そしてさらに遊んで大逃げを打ちそうな⑱トミケンキルカスも押さえます。あくまで夏のお年玉狙い。過去最低の自信度で馬券を買いたいと思います。ブリンカー様に賭けます。

 

単勝・複勝 ⑯

馬連・ワイド流し ⑯-③⑤⑥⑩⑬⑭⑱

勝負度 ★☆☆☆☆