今週の○地方馬チェック(7月13日~14日) 注目はエムオータイショウ!

今週の○地方馬チェック(7月13日~14日) 注目はエムオータイショウ!

ここで新企画スタートです。中央競馬・地方競馬を取り上げるこのブログならではのマニアックな企画。今週の中央競馬に出走する地方馬をざーっとチェックするという「今週の○地方馬チェック」です。条件戦で○地馬がいきなり走って大波乱なんて時々ありますからね。特に中央入り初戦、あるいは中央入りしてそれほど走っていない馬について取り上げようと思います。今更サクラアンプルールについて解説してもしょうがないですからね。あと、地方所属馬の中央挑戦についてもチェックしていきますよ。

 

【土曜】

福島8R ⑬エマブルーム

笠松で6戦5勝。1400で27秒台が2回ならまずまず。岐阜金賞5着も価値はあります。中央2戦は先行して失速していますが、体重も減っていましたし、距離短縮などで健闘する可能性はあります。個人的には芝の短いところで見てみたい気もしますね。今回はなかなか厳しいでしょうか。

 

福島12R ⑤サトノアルテミス

園田で5戦3勝。エイシンテースティとの対戦が多いですが、エイシンテースティは園田で先日A2を勝ちましたから評価していいでしょう。血統的に芝向きですが、時計のかかる馬場の方が良さそうですね。今の福島は合うかもしれません。今回ダメでも、その後ダートを使ってきたら、ちょっと大駆けに注意した方が良いかも。

 

福島12R ⑧サウンドオブビット

園田では1230を主に使われていました。田中学がよく乗っていましたね。6歳でC3からの移籍はかなり厳しいはずなんですが、前走出遅れながらも5着に追い込んできました。芝適性が高いのでしょう。前々走も直線追いづらい感じで7着なので、ここは一発もありそう。園田でのレースぶりから、できれば内枠が良かったですが。

 

福島12R ⑩スマイルプリティ

佐賀で2戦2勝ですが、佐賀は時計が出やすいダートなので、最後の1400の時計は平凡と言えば平凡です。今回芝に変わりますが、一変しそうな気配もないですかね。

 

中京9R ⑤マルカテノール

JRAに戻って6戦掲示板なしですが、園田C1勝ちからなら通用する可能性はあります。ただ、レース内容を見ると、若干瞬発力不足のようです。善戦まででしょうか。

 

中京9R ⑥アイファーブレーヴ

名古屋で7戦2勝。時計を見ると平凡。
芝替わりに望みを託したいところですが、なかなか厳しそうです。

 

中京9R ⑨メイショウトコシエ

園田の道悪で好走が目立っていて、前走の内容を見ても芝の方が良さそうですが、馬券に絡めるほどのスケールはまだ感じないです。芝の道悪がプラスになるかどうか。

 

中京12R ③ネクストステップ

名古屋で2戦2勝ですが時計平凡。ここも苦戦必至。

中京12R ⑨ブライトパス

園田で好時計で2連勝。移籍前の中央在籍時は、1番人気で未勝利戦好走を続けていた馬で、中央でやれる下地は十分。未勝利を勝ちきれない内容から決め手の不足は感じるので、馬券圏内に入るには展開の助けが必要。

 

函館8R ⑤ラブミーボーイ

名牝・ラブミーチャン産駒。ただ、笠松・船橋の内容を見るともうひとつ。特に船橋のC3はそれほど強くないので、ここは苦戦でしょう。

 

函館9R ⑫リネンコジーン

笠松でジワジワと力をつけて中央復帰。ただ勝ったレースはいずれもCの下級条件だっただけに、ここも苦戦となりそう。

 

函館10R ⑥ソルフェージュ

岩手で2勝していますが、メンバーに恵まれていた感じ。JRA復帰後のレースを見ると芝向きかもしれませんが、スピード不足は否めないです。

 

函館11R ⑬エムオータイショウ(□地)

移籍馬ではなく、北海道所属馬として出走。重賞2勝、今年の門別の3歳馬の中では1200に関してはトップの存在。昨年の交流G1・全日本2歳優駿では、距離が合わなかったもののJDD3~5着だった南関東3強に次ぐ8着。好位抜け出しタイプで、休み明けの前走の時計も速く、後は芝だけが問題。勝負気配も感じますし、同じ門別出身のレコードチェイサーの活躍を見ると、あっさり勝ってしまう可能性すらありますね。

 

 

【日曜】

福島8R タニマサベーカ

岩手で4戦2勝。時計や内容的に強調するものはなく、JRA復帰2戦の結果を見ても苦戦は間違いないでしょう。

 

福島9R ユキノレーヌ

園田・笠松で地道に力をつけての中央入りですが、笠松での最高タイムが1400・1.29.8を3回というのは厳しいところ。ただ、中央デビュー当初は芝で好走していただけに、今回芝の長距離戦で変わり身があるかどうかというところ。

 

福島12R コスモクウェンチ

中央1勝から高知へ移籍し、最終的にA2を勝つなど活躍。高知のAとなるとなかなかレベルも高くなってきます。JRA復帰戦も、スタート今ひとつで後方からでしたが4着と好走。クラス的には当然の結果かもしれません。さらなる上積みがあれば馬券圏内も期待できそうです。

 

中京9R ダノングローリア

園田のC2とC3を行ったり来たりという馬。時計的にも不良馬場で1400・30秒台なので、常識的には中央では苦しいところ。あとはディープインパクトの血が芝で覚醒するかどうか。

 

中京9R トウシンアサヒ

園田では最高がB2。クラス的には通用する可能性も秘めていますが、内容を見るとスピード不足な感じは否めません。こちらもキングカメハメハ産駒で、初めての芝でどれだけ変わるかというところです。

 

函館7R レッドフィオナ

笠松で3戦2勝。移籍前のJRAで未勝利戦好走もありましたが、その割に笠松での内容は平凡だったので、どちらかと言うと芝馬というところになるでしょう。ここ2戦は先行して見せ場を作っていますし、ここも展開次第でしょう。

 

☆今週の注目馬

土曜福島12R サウンドオブビット

土曜函館11R エムオータイショウ

日曜福島12R コスモクウェンチ

 

初めての試みでしたが、なかなか大変でした。頑張ってこれからも続けていきたいと思います。今週の注目馬としては上記の3頭を挙げてみました。やはり最注目はエムオータイショウですね。オッズが気になるところ。サウンドオブビット、コスモクウェンチもそれほど人気は高くないでしょうから、ちょっと押さえてみたいです。