2019 園田 六甲盃 春のリベンジ、メイショウオオゼキ◎

2019 園田 六甲盃 春のリベンジ、メイショウオオゼキ◎

そのきんナイター、今週のメインは今年二回目の六甲盃。変則的な施行ですが、個人的には毎年2回やってもいいのに思ってしまいます。「園田の天皇賞」というのも面白いんではないでしょうか。2400の長丁場、今回はメンバーも春より揃って面白そうです。カツゲキキトキトの直前回避は本当に残念ですが。ひとまず私の本命は、そのカツゲキキトキトを前走で追い詰めた⑥メイショウオオゼキにしました。

 

春の六甲盃でハナ差の2着。続く笠松のオグリキャップ記念で、あのカツゲキキトキトをアタマ差まで追い詰めて2着。惜しくも重賞に手が届いていませんが、内容としては勝ちも同然。春の六甲盃は終始外々を回りましたし、オグリキャップ記念は馬混みの中でかなり窮屈な競馬でした。今回は真ん中のあたりの枠で、春の六甲盃に比べてコースロスなく運べそう。ここ3戦はすべて38秒0以内の上がりですし、切れ味もあります。ライバルたちに比べて不安要素が少ないと思うので、まずはこの馬を軸に据えたいと思います。

 

相手はなかなか難しいです。実績的には8枠2頭、⑪エイシンニシパ⑫タガノゴールドですが、どちらも内枠が欲しかったはず。⑪エイシンニシパは過去に一度六甲盃に出て、昔のレースではありますが掲示板を外しています。今のニシパならそこまで崩れないでしょうが、距離が長いのは確か。前走が経済コースを通っての勝利だっただけに、この枠は不安ですね。春の六甲盃馬・⑫タガノゴールドも、当時は1枠での勝利。レースも内で脚をためる内容でした。はやめに動いて最後甘くなるシーンはこれまでにもたびたび見られるので、大外でどう乗るのか注目です。さらに2頭ともに言えることですが、やはりこの2頭にとっての最大目標は、あくまで兵庫大賞典だったと思います。大賞典の激闘の後のレースであるというのも、ここでの不安要素ではありますね。

 

怖いのは内枠の3頭。その中でも私は①エイシンミコノスを特に推したいですね。初めての六甲盃ですが、距離の守備範囲の広い馬で、テンのスピードと直線の切れ味が武器。意外とこの2400戦は合うのではないかと思ってます。おそらく単騎逃げになるでしょうし、すっと先手を取れれば、今の時計が速くて内有利の馬場なら一発もあるのではないかと思ってます。②モズオトコマエは門別の馬ですが遠征経験豊富。距離も合いそうですが、切れ味が要求される園田の馬場はあまり合わないかも。ただ未知の魅力はあります。そして③タガノヴェリテ。内で下手に動かず、終い勝負に徹していけばこれも爆発があるかも。人気も手頃でしょうし、今回テン乗りの田中も思い切ったレースができるのではないでしょうかね。途中で内をするすると上がっていければ。

 

①エイシンミコノス③タガノヴェリテにとっては、斤量が前走より2キロ減るというのもとても有利なポイントですね。両馬とも切れ味タイプなだけに、大きなプラス材料だと思います。そして注目の大井の④ウマノジョーですが、一見ステイヤーに見えますが、どちらかというと消耗戦に強いタイプ。ペースのアップダウンがあって、最後に瞬発力を要求されるレースになるとなかなか厳しそうです。

 

ということで⑥メイショウオオゼキから、三連複・三連単フォーメーションで行ってみたいと思います。1頭目・1着に⑥メイショウオオゼキ、2頭目・2着に①エイシンミコノス③タガノヴェリテ、3頭目・3着にこの2頭の他、②モズオトコマエ⑪エイシンニシパ⑫タガノゴールド、そして好調⑤マコトタリスマンと復調してきた⑦マイフォルテを最後に加えます。ある程度、今の園田の馬場状態を意識した予想にしてみました。どうなるでしょう。

 

目次

まとめ

三連複・三連単フォーメーション

⑥→①③→①③②⑪⑫⑤⑦

勝負度 ★★★★☆